• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“民主もダメ”ではっきりした2つの構造要因

第1回 岩井奉信・日本大学教授に聞く

2012年11月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

12月16日の投開票に向け、政党の離合集散と激しい舌戦が繰り広げられている衆院選。この国の舵取りをどの党に託すのか、有権者の真贋を見極める目も問われている。そこで、判断材料となる民主党政権の失政の背景や衆院選の争点について、識者などに語ってもらう。第1回は岩井奉信・日本大学教授。民主政権の失敗には2つの構造要因があったと説く。

「政権交代」の熱狂から3年余り。民主党政権への高い期待は剥げ落ちた。政権交代への評価と民主の失政の背景をどう整理しているのか。

岩井奉信(いわい・ともあき)氏
1950年東京都生まれ。76年日本大学法学部卒。81年慶応義塾大学大学院法学研究博士課程修了。2000年から現職。新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)の運営委員や政策研究フォーラム理事などを務める。

岩井:「政権交代そのものが失敗だった」との声もあるが、意義は大きかったというのが結論だ。

 稚拙な政権運営などにより国政が混乱したのは間違いない。その代償は小さくなかったが、政治が停滞する背景に、制度と政党のガバナンス(統治能力)という2つの構造問題が横たわっていることが浮き彫りになったことは、日本政治の未来を考えるうえで大きい。

政権交代の意義は大きい

 民主党政権が大きく躓いた理由は幾つもある。まずは外交の失敗。鳩山由紀夫・元首相による米軍普天間基地移設問題を巡る混乱は日米同盟を弱体化させ、それが中国、韓国、ロシアなどとの領土に関する摩擦を拡大させることにつながった。

 東日本大震災後の対応も危機管理能力の欠如ぶりを露呈した。党内に目を向けると、「親小沢一郎か、否か」の路線対立が続いたことが響いた。

 さらに、「政権を取れば何でもできる」といった根拠なき自信も官僚との対立などの無用な混乱を招いた。「政治主導」の意味するところを党内で共有できていなかったことが最初の躓きだったと言える。

コメント0

「2012 衆院選 ニッポンの行方」のバックナンバー

一覧

「“民主もダメ”ではっきりした2つの構造要因」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授