• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

通信三國志 ~iPhoneの先へ~

このコラムについて

 1890(明治23)年、東京~横浜間に日本で初めての電話が開通した。それから1世紀たった1996年、固定電話の加入者数は6153万台でピークアウトする。
 携帯電話が登場したためだ。だが「ケータイ」の時代はさらに短かった。16年後の今年、スマートフォンの国内出荷台数は初めて従来型携帯電話を逆転する見通しだ。米アップルの「iPhone」の登場からわずか5年で通信業界の風景は一変した。
 ソフトバンクによる米携帯電話大手買収などで通信業界は表面的にはホットだ。NTT、KDDIを加えた国内3社の売上高の合計は17兆3000億円、営業利益も2兆3000億円を超し、いずれも高収益企業の上位にランクする。だが背後では深刻な地盤沈下が進行している。 1億人のポケットに入り込む携帯端末や、日常生活に不可欠なアプリやソフトなどのサービス基盤の両方を海外企業に握られ、通信会社は単なる「土管」に成り下がる危険にさらされている。かつて経験したことがない環境変化に通信会社はどう向かい合うのか。通信会社3社トップやキーパーソンのインタビューを通じて、トンネルの先を探る。

記事一覧

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長