• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「山中ノーベル賞」で日本が科学大国と思うのは誤りです!

日本の科学力の実情をサイエンスライターの竹内薫氏に聞く

2012年12月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 iPS細胞の研究成果で山中伸弥・京都大学教授がノーベル生理学・医学賞を受賞することに──。10月上旬に飛び込んできた明るいニュースに日本中が沸いてから、早2カ月が過ぎた。山中教授は本日、スウェーデンの首都ストックホルムで行われる授賞式に臨む。
 物理学、化学を合わせた自然科学系で2000年以降の日本人受賞者は11人目(米国籍の南部陽一郎氏を含む)。受賞常連国とも言えそうな勢いに、「科学大国ニッポンの面目躍如」と胸を張る向きも多い。しかし、そう手放しで喜べる状況なのか。「科学大国ニッポン」の実情について、サイエンスライターの竹内薫氏に聞いた。

(聞き手は中野目 純一)

2010年にノーベル化学賞を根岸英一・米パデュー大学特別教授と鈴木章・北海道大学名誉教授が受賞して以来、2年ぶりに山中教授がノーベル生理学・医学賞を受賞することになりました。日本の基礎科学のレベルがいかに高いかを改めて世界に示したとする見方が多いようですが、実際はどうなのでしょうか。

竹内:実は科学技術の基礎的な分野がどれだけ進んでいるのかを評価するのは意外と難しいんですよ。ノーベル賞は確かに1つの指標ではありますが、この賞にも問題があります。それは、10年から長いものでは50年ほど前の研究成果に対して贈られる点です。

竹内 薫(たけうち・かおる)氏
サイエンスライター。1960年東京生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。カナダのマギル大学大学院修了。理学博士。テレビやラジオの番組ナビゲーターも務める。『ヒッグス粒子と宇宙創成 (日経プレミアシリーズ)』(日本経済新聞出版社)、『赤ちゃんはなぜ父親に似るのか―育児のサイエンス (NHK出版新書 382)』(NHK出版)、『怖くて眠れなくなる科学』(PHP研究所)など著書多数。オフィシャルサイトはhttp://www.kaoru.to/ 。(写真:陶山 勉、以下同)

 山中さんはiPS細胞を作製した研究成果を報告してから6年でのスピード受賞で例外的に若いのですが、彼以外の受賞者はかなりの高齢で受賞されています。ということは、ここ数年のノーベル賞ブームが示しているのは、数十年前の日本の科学力が高かったということです。

 さらに留意すべきは、米国在住の方が非常に多い点です。

確かにそうですね。

竹内:南部先生は米国に帰化されていますし、それ以外の人の多くが米国での研究成果で受賞している。日本に戻らずに米国で研究を続けている方も少なくない。このことが意味しているのは、日本から米国に頭脳が流出してきたということです。とすると、確かに日本人が受賞していますが、それは日本ではなく米国の基礎研究のレベルが高いことを示していると言った方がいい。米国に頭脳が流出する傾向は今も続いています。

コメント28

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「山中ノーベル賞」で日本が科学大国と思うのは誤りです!」の著者

中野目 純一

中野目 純一(なかのめ・じゅんいち)

日経ビジネス副編集長

2012年4月から日経ビジネス副編集長。マネジメント分野を担当し、国内外の経営者、クリステンセン、ポーター、プラハラードら経営学の泰斗のインタビューを多数手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO