• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

投資はリスクコントロールに徹せよ

金融危機で資産倍増させた米オークツリー・キャピタルCEOにその投資哲学を聞く

2012年12月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 金融危機前から運用資産を800億ドル(約6600億円)と倍増させたことで注目を集める米ファンドのオークツリー・キャピタル――。同ファンドを17年前に立ち上げ、創業以来、その最高経営責任者(CEO)を務めてきたハワード・マークス氏が、自らの43年に及ぶ投資経験に基づいた投資哲学をまとめた『投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識』は、米国のアマゾンの書籍ランキングでも投資の分野で上位に位置するなど話題だ。このほど日本語版が出版されたのに伴い来日したマークス氏に、同氏の投資に対する考え方を聞いた。

この本に書いてある投資に関するルールは、大変バランスが取れていると感じました。書いてあるルールを守れば、大きな損を被ることはなく、少しずつではあるけれど着実に利益を上げていくことができるように思われます。

金融危機前から運用資産を800億ドルに倍増させた米オークツリー・キャピタルのハワード・マークスCEO
(撮影:的野弘路、以下同)

マークス:本を読んでそういうメッセージが伝わったのであれば、大変嬉しく思います。そもそも「利益を上げる」ということは簡単ではありません。投資家のウォーレン・バフェット氏も指摘しているように、通常うまくやっているように見える投資家も、環境が厳しくなった時に真価が問われる。市場が上げ調子の時に儲けているのは、その人に実力があるからなのか、単に幸運だからなのか、すべては潮が引いたときに明らかになる。

 その意味で今回の金融危機は、我々、プロの投資家にとってはまさに人生、最大の試練でした。長年投資の世界に身を置いてきた者として、こうした試練を受けながらも、危機の前、危機の最中、危機後を通して随分と顧客に応えることができ、その結果としてファンドの規模をこの4~5年で倍増できたことには大変満足しています。

 やはり最も大事なのは「リスクコントロール」です。投資の世界で確実に成功するには、リスクをどうコントロールするかが課題です。投資に携わる人は、リスクをコントロールすることの重要性とその難しさ、その具体的方法を理解する必要があります。

投資はテニスの試合と同じだ

 オークツリーは、利益のためだけに働くというより、創業以来、仲間で共有してきた投資哲学を実践することで成長してきた集団だと考えています。我々の投資哲学の根幹をなすのがリスクコントロールで、その考え方は我々がオークツリーのモットーとして掲げている「負けさえしなければ、自ずと勝者になれる」に凝縮されています。

本にも出てきました。

コメント2件コメント/レビュー

自分の今までの経験からして、正しく「目からウロコ」の感じです。(2012/12/21)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「投資はリスクコントロールに徹せよ」の著者

石黒 千賀子

石黒 千賀子(いしぐろ・ちかこ)

日経ビジネス編集委員

日経BPに入社後、英LSEに留学し修士取得。日経ビジネス、日経ナショナルジオグラフィック、日経ベンチャーを経て、2003年日経ビジネスに編集委員として戻る。主に、本誌の「世界鳥瞰」の欄を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自分の今までの経験からして、正しく「目からウロコ」の感じです。(2012/12/21)

 投資を始める人がこの対談(著作)を最初に読めば投資に対する幻想・失敗からの解放・回避の貴重な啓発内容を持っています。「投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識」ハワード・マークス (著), 貫井 佳子 (翻訳) がベストセラーになり普及することを期待します。(2012/12/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長