• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

本当に英語は、9割のビジネスパーソンに必須なのか?

英語のコミュニケーション 岩瀬大輔 編

2013年1月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、英語を「公用語」にしようという日本企業が現れ始めました。

 TOIEC××点以上じゃないと出世できない、というキマリを設けた会社も登場しているのがニュースになったり、その正否について論争が繰り広げられたりしています。

 英語が当たり前の会社じゃなければ、グローバル市場で生きていけない!
 英語ができなければ、これからはビジネスパーソンとして通用しない! 
 そんなキャッチフレーズ、よく目にしますよね。

 僕自身は、いわゆる帰国子女です。10代のとき海外生活を経験しました。20代のときには米ハーバード大学経営大学院に留学していました。個人的に英会話に苦労することはありません。

 そのせいで、実によく聞かれるんです。
「これからは英語ができないと、ダメなんでしょうか?」と。

 答えはイエスでもノーでもありません。
 そもそも、この質問自体がある意味で間違っている。
 なぜでしょう?

相手に考えを伝えておしまい、ではない

 英語も日本語も「道具」です。
 何のための道具?
 コミュニケーションに決まっています。いかにいい道具を持っていても、使いこなせなければムダ。
 言語ってそういうものです。

 つまり、目の前の相手とちゃんとコミュニケーションが取れるかどうか。大切なのは「何語ができるか」以前に「コミュニケーションができるか」なのです。

 なんだ、コミュニケーションか。当たり前じゃないか。そう思う方もいらっしゃるでしょう。でも、実は多くの人が、ちゃんとコミュニケーションできていない。というのも、仕事におけるコミュニケーションは、相手に考えを伝えておしまい、ではないからです。

 最終的には、コミュニケーションを通じて「相手を動かせられるかどうか」が問われます。経営者だったら、社員を動かす。上司だったら、部下を動かす。営業だったら、取引先を動かす。店員だったら、顧客を動かす。そこまでしてはじめて「コミュニケーションが成立した」ことになる。

 というわけで、まずは英語がいるかいらないか問題の前に、この仕事におけるコミュニケーション問題について、考えてみましょう。人を動かすコミュニケーションに必要な条件は何か。僕流に解釈すると、3つに絞ることができます。

① 端的に話すこと

 コミュニケーションで重要なのは、自分の伝えたいことをまずはぐっとまとめて端的に伝えられるかどうか、です。

コメント9件コメント/レビュー

コメントを見ていると皆様「手っとり早く答えを教えろお前」とイラついているような。まぁたしかに英語脳な人が好む、無駄のない論旨ではないように思えますなぁ。でもたしかに日本人の大半は、英語力がないのではなく、コミュニケーション能力の問題なのかもしれません。そもそもコミュニケーションが好きではないのかも。東京大阪間の新幹線のグリーン車、隣り合った見ず知らずのビジネスマンが一言も話さずに終わるなんてことはよくあることですが、欧米を含め、外国では考えられないことだとか。(大阪人同士が隣り合っても会話にならないのでしょうかね??)ばあちゃんにツィッター・・・。「俳句は17文字で思いを伝える方法だけど、ツイッターというのは140字も使える俳句みたいなものです」てな説明ではだめですか?(2013/09/20)

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「本当に英語は、9割のビジネスパーソンに必須なのか?」の著者

岩瀬 大輔

岩瀬 大輔(いわせ・だいすけ)

ライフネット生命保険社長兼COO

1976年埼玉県生まれ。98年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントを見ていると皆様「手っとり早く答えを教えろお前」とイラついているような。まぁたしかに英語脳な人が好む、無駄のない論旨ではないように思えますなぁ。でもたしかに日本人の大半は、英語力がないのではなく、コミュニケーション能力の問題なのかもしれません。そもそもコミュニケーションが好きではないのかも。東京大阪間の新幹線のグリーン車、隣り合った見ず知らずのビジネスマンが一言も話さずに終わるなんてことはよくあることですが、欧米を含め、外国では考えられないことだとか。(大阪人同士が隣り合っても会話にならないのでしょうかね??)ばあちゃんにツィッター・・・。「俳句は17文字で思いを伝える方法だけど、ツイッターというのは140字も使える俳句みたいなものです」てな説明ではだめですか?(2013/09/20)

英語のスキルが不要とは言ってないのですね。主張は2点で、?英語はツールであり目的ではない(英語が出来ないことを理由に外国との取引・外国人とのコミュニケーション等に二の足を踏む必要が無い)?日本語でも良いコミュニケーションが出来ないなら英語力の前にやることがある。ま、その通りですが、やっぱり英語は大切なツールです。語学は自分で自分がレベルアップしたなぁ、と感じられるようになるには相当の時間・努力が必要ですので、早く取り組んで損は無いです>特に若い人。というか旅行でも使えますし。(2013/01/28)

「本当に英語は、9割のビジネスパーソンに必須なのか?」というタイトルに本文でほとんど触れていない気がしますが、私のコミュニケーション能力不足でしょうか?アメリカで英語を母国語としている人たちとコミュニケーションしていても、「英語の必要性」を本当に実感することはできないと思います。アメリカ人だってしょせん英語しかしゃべれませんし。ところがアフリカでチュニジア人がアラビア語とフランス語と英語を使い分けてべらべらしゃべってたり、イランでアフガニスタン人から流暢な英語で話しかけられたり、南アフリカで「本当はドイツ語が得意なんだけど」という中国人に英語をぺらぺらしゃべられたりすると、本当に危機感を感じ、「ガラパゴスってこういうことなのか」と身をもって感じるのかと思います。必須なのか?なんていう問いを発している時点でアウトだと、私は感じます。(2013/01/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長