• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「英会話」が得意?でも「コンテンツ」は持っていますか?

英語のコミュニケーション 出口治明 編

2013年1月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、川崎市にある女子大で講演をしました。
 テーマは、「大学で何を学ぶか」。

 18、19歳の女子学生ばかりが500人近く集まりました。フレッシュな彼女たちを前に、私はひとつ質問を投げかけました。

「これからは、英語ができた方がいいと思う人は手を挙げてください」
 ほとんどの人が手を挙げました。
「では、今度は、英語ができるかどうかはどうでもいいと思っている人は手を挙げてください」
 と尋ねると、1人の学生がさっと手を挙げました。

「なぜですか?」
「あと5年か10年で、グーグルが自動翻訳機を作るはずなので、英語ができるかどうかは、どうでもよくなると思います」
 大勢の中でたった1人だけ、違う意見を、しかも正論を堂々と述べる。実に頼もしい。そして、もちろん、私もこの勇気ある女子大生と同意見です。

コンテンツを持つことが大事

 英会話、というのは道具にすぎません。
 会話、ですから、目的はコミュニケーションをとることです。
 では、コミュニケーションの前提は何か?
 話の中身です、内容です。カタカナで言うと、コンテンツです。
 相手に話したいという内容があってはじめて、コミュニケーションが成立します。
 当たり前ですね。

 ところが、英語の話になると、この当たり前がどこかに行ってしまう。つまりコミュニケーションの道具としての英語の巧拙のみが取りざたされてしまいがちなのです。

 実際に、英語でコミュニケーションをすればわかります。

 もし、あなたに相手に伝えたい中身=コンテンツがちゃんとあれば、伝える道具である英語が多少つたなくても、コミュニケーションはちゃんと成り立ちます。逆に、あなたがどんなに英語が堪能であろうと、相手に伝えたい中身=コンテンツがなければ、コミュニケーションは成立しません。ここで書いた「英語」を「日本語」に置き換えれば、ほら、すぐに分かる話でしょう?

 たとえば、イタリアの大学について、聞かれたとします。
 イタリアの大学って、どうやってできたの?
 イタリアの大学は、世界の大学の起源です。しかも私立大学が先にできて、のちに公立大学ができた。

コメント14

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「「英会話」が得意?でも「コンテンツ」は持っていますか?」の著者

出口 治明

出口 治明(でぐち・はるあき)

ライフネット生命保険会長兼CEO

1948年生まれ。京都大学を卒業後、日本生命保険に入社。同社を退職後、2006年にネットライフ企画設立、代表取締役就任。2008年にライフネット生命保険に社名変更。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長