• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

20代の社員に「アホは出口さんです」と言われました

インターネットのコミュニケーション 出口治明編

2013年2月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ライフネット生命保険が営業を開始して約1年が過ぎた2009年夏のことです。20代の社員に突然こう言われました。「出口さん、この日、1時間ほど時間を空けておいてください」。いったい何の用だろう。と思いつつ、私は、「いいですよ」と答えました。

 

 前日、私は彼に聞きました。
「明日、時間は取ってあるけど、何をするんだっけ」
 その若い社員はこう言いました。
「インターネットでのPR企画のため、二子玉川へ行って、多摩川の河川敷に降りてください」
「でえ、何をするんだい?」
「まずですね。今回の企画を考えてくれたウェブマガジン、デイリーポータルZのウェブマスター林雄司さんが、死亡保険に加入しよう、と河川敷に待ち受けています」

 デイリーポータルZ? 何だ、それ? ヒーローロボット?

「それで、ですね。この林さんが、3枚の紙皿にそれぞれ、1,000万円、2,000万円、3,000万円と、死亡時の受取金額を書きます」

 ?

「その皿に異なる種類の豆を入れて、河川敷に置きます」

 ??

「すると、ハトが飛んでくるでしょう。豆を食べに。で、どの皿の豆を最初にハトが食べるか。それで、林さんがどの金額の死亡保険に申し込むかを決めるわけです!」

 ???

「つまり、鳩が選んだ生命保険に、林さんは申し込む、という企画です。ぜひこの撮影現場に出口さんにも立ち会っていただきたいと」

お客さんに近いのは私じゃなく20代社員だった

「ちょ、ちょっと待ちなさい!」私は思わず声を上げました。

「ふざけるんじゃない。君はライフネット生命保険のマニフェストをもう一度読みたまえ。どこにそんなことをすると書いてあるんだ。アホか!」。するとこの20代社員は平然とこう言い返しました。「アホは、出口さんの方です」
 な、なんですと!
 彼は続けます。

コメント12

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「20代の社員に「アホは出口さんです」と言われました」の著者

出口 治明

出口 治明(でぐち・はるあき)

ライフネット生命保険会長兼CEO

1948年生まれ。京都大学を卒業後、日本生命保険に入社。同社を退職後、2006年にネットライフ企画設立、代表取締役就任。2008年にライフネット生命保険に社名変更。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員