• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リスク感性を磨き、常に最悪のシナリオを考えよ

亀井克之・関西大学社会安全学部教授に聞く

  • 峯村 創一

バックナンバー

2013年2月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1月16日にアフリカのアルジェリア東部の天然ガス関連施設で起きた襲撃テロ。政府軍の突然の軍事作戦に伴って、日本人を含む多数の人質が犠牲となり、アフリカに進出している日本企業の関係者には衝撃が走った。この前代未聞の惨劇を受けて、アフリカをはじめとする新興国市場開拓の戦略やリスクマネジメントのあり方をどう見直すべきなのか──。BOP市場戦略や危機管理などの専門家の見解を聞く。
  今回は、日本リスクマネジメント学会の副理事長を務め、企業のリスクマネジメントに詳しい亀井克之・関西大学社会安全学部教授が、事件から日本企業がくみ取るべき教訓と、取り組まなければならない課題について論じる。

今回、アルジェリアに赴任しているプラント建設大手・日揮の関係者の中から、多数の日本人犠牲者が出てしまいました。

亀井:まさに最悪の事態が起きてしまったと言えます。テロ事件でいえば、2001年9月11日に米国で起きた同時多発テロ事件は本当に想像を絶する出来事でしたが、今回は「現実に起こり得る想定内では最悪」の事件だと言えます。

日揮のリスクマネジメントは十分だったのでしょうか。

亀井:詳細が分からないので何とも申し上げられませんが、私は海外に進出している日本の大手企業のほとんどは、海外でのリスクマネジメントを十分にやっておられると思います。しかし今回は、想定をはるかに凌駕することが起きてしまったわけです。

亀井 克之(かめい・かつゆき)氏
亀井 克之(かめい・かつゆき)氏
関西大学社会安全学部教授。日本リスクマネジメント学会副理事長・事務局長。1962年生まれ。90年大阪外国語大学大学院修士課程フランス語学専攻修了。関西大学大学院商学研究科博士課程を経て94年関西大学総合情報学部専任講師。同教授を経て2010年4月から現職。この間フランス政府給費留学生としてエクス・マルセイユ第三大学にて経営学DEA取得。博士(商学)。渋沢・クローデル賞ルイ・ヴィトン ジャパン特別賞受賞。近著に『リスクマネジメントの基礎理論と事例』(関西大学出版部)がある。(写真:山田 哲也)

 例えば、海外渡航者に必須の情報源として、外務省の「海外安全ホームページ」があります。国・地域別に、治安情勢や犯罪、法律や文化、宗教などについての最新情報を掲載している、とても有用なサイトです。

 1月11日にフランスがマリで軍事行動を開始すると、同サイトでは1月15日付けで「仏軍のマリ派遣に伴う注意喚起」が発表されました。その中で、特にフランスとイスラム諸国への渡航・滞在者に対し、「イスラム過激派がフランスを含む欧米権益等をテロの標的とする可能性」があるという警告が発せられました。しかし、果たして、この時点でアルジェリア南東部のイナメナスにあるプラントに危険が迫っていると認識できたでしょうか。

 一方、この時点では、同サイトのイナメナスを含む地域の危険度は、4段階のうち最も低い「十分注意して下さい」となっていました。退避勧告でも、渡航の延期・検討でもなく、注意喚起にとどまっていたのです。残念ながら、こうした情報の下に、今回の事件は起きてしまいました。

コメント2件コメント/レビュー

今回の非劇では小手先の対抗策で身を守ることができたとは思えないが、日揮や大手商社のような海外赴任が当たり前の企業は別にして、一昔前なら日本国内だけでビジネスが成り立っていた業種や中堅以下の企業に、はたして著者が指摘するだけのリスク管理ノウハウがどれだけ共有されているのか、また外務省の「海外安全ホームページ」程度の情報で身を守ることができるのかという素朴な疑問を感じる。ビジネス雑誌の海外赴任特集記事も、昨今は赴任者の労務管理や帯同する家族のメンタルヘルス問題や医療・食事などの話題が中心で、テロや犯罪リスクなどにはページがほとんど割かれていない(嫌なものからは目を背ける日本人の悪い癖?)のが現実。赴任先の情報収集を常に怠らず、非常時に個々がどう行動すべきか? 自衛の意識を、海外に赴任したり出張したりする日本人の1人1人がこれまで以上に強く持たなければならない時代になったと感じる。(2013/02/06)

「アルジェリア人質事件の波紋」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回の非劇では小手先の対抗策で身を守ることができたとは思えないが、日揮や大手商社のような海外赴任が当たり前の企業は別にして、一昔前なら日本国内だけでビジネスが成り立っていた業種や中堅以下の企業に、はたして著者が指摘するだけのリスク管理ノウハウがどれだけ共有されているのか、また外務省の「海外安全ホームページ」程度の情報で身を守ることができるのかという素朴な疑問を感じる。ビジネス雑誌の海外赴任特集記事も、昨今は赴任者の労務管理や帯同する家族のメンタルヘルス問題や医療・食事などの話題が中心で、テロや犯罪リスクなどにはページがほとんど割かれていない(嫌なものからは目を背ける日本人の悪い癖?)のが現実。赴任先の情報収集を常に怠らず、非常時に個々がどう行動すべきか? 自衛の意識を、海外に赴任したり出張したりする日本人の1人1人がこれまで以上に強く持たなければならない時代になったと感じる。(2013/02/06)

「この世界(アルジェルリアなど)は、病的な用心深さと、それ以上の臆病さを持ちあわせている奴だけが、生き残れる資格を持っているのだ」という心構えが必要だと思います。ラビット(兎)のような臆病さが。(2013/02/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長