• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あり?なし? 「勝手にいい写真を撮るカメラ」

「PowerShot N」の企画者、キヤノンICP第三開発センターの佐藤麻美さんに聞く

2013年2月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 成熟するデジタルカメラ市場において、本格的な写真を撮りたい女性一眼レフユーザーの増加や、「ミラーレス」と呼ばれる軽量・コンパクトなカメラの登場によって、レンズ交換式のデジタルカメラが出荷台数を大きく伸ばす一方で、低価格なコンパクトデジタルカメラの衰退は目を覆うばかり。需要の一巡はもとより、高性能カメラを搭載したケータイ、スマートフォンの台頭を考えれば、専用機としての使い勝手の良さはあるものの、コンパクトデジタルカメラの将来はお世辞にも明るいとは言えない。

 それなら、いっそ思いっきり自由な発想でデジカメを作ったらどうだろう?――そんな答えを出したのが、キヤノン イメージコミュニケーション事業本部ICP第三開発センターの佐藤麻美さんだ。今年1月の米国の家電見本市「CES」で公開され、来場者の間で話題となった「PowerShot N」の開発チームのキーパーソンである。「シャッターボタンがない」「自分が意図しない写真が撮れる」そのカメラは、頭の固いユーザーから「なにこれ?」と拒否反応が出るかもしれない。いや、逆に「チョー面白い!」と拍手喝采される可能性も秘めている。いずれにしろ、すっかり存在感の薄れたコンデジに、人々の目を向けさせるだけの“何か”があるのは確かだ。PowerShot N開発の舞台裏について佐藤さんと、商品企画担当としてチームに参加した同事業本部ICP第三事業部の石井亮儀氏に話を聞いた。

(聞き手は酒井康治)

デジタルカメラ市場の縮小が続いています。カメラ映像機器工業会の統計では、2012年の国内総出荷台数が920万台で、前年比96.3%です。内訳を見ると、レンズ交換式が対前年比で124%と大きく伸ばした半面、コンパクトデジカメ中心のレンズ一体型が同91.1%と足を引っ張っています。2013年の見通しでは、この傾向に拍車がかかります。コンパクトデジカメの置かれている状況は、かなり厳しいですね。

石井:確かにコンパクトデジカメの市場が縮小しているのは事実です。2008年のリーマンショック以降、2011年の東日本大震災やタイの洪水の影響などもあり、減少傾向が数字としてはっきり見えてきました。震災からの復興が始まり、タイの問題も終息しているのですが、販売数は持ち直していないのが現実です。

 減少の理由としてスマートフォンの影響はもちろんありますが、本当にそれだけなのかと聞かれれば、そうとも言い切れません。先進国では需要が一巡したというのもあります。また、より良い物をということで、高級コンパクトのように範囲を絞れば、対前年で伸びているジャンルもあります。ですからまだ結論は出さず、現在、真相を探っているところです。

本当にネットと相性のいいカメラとは?

ただ、コンパクト市場に活を入れられるような製品や、新しい切り口、決め手に欠ける印象は否めません。その一方で、ケータイやスマートフォンに高機能カメラが搭載されたこともあり、人々が写真を撮る機会は飛躍的に増えています。FacebookのようなSNSを見れば、ネット上には実に多くの画像があふれていますよね。

佐藤麻美(さとう・あさみ)
2002年キヤノン入社。本社の開発部門で機械技術者として要素開発を担当。07年ICP第三開発センターに異動し、コンパクトデジタルカメラの開発企画を担当。11年「PowerShot N」のコンセプトチームの立ち上げに携わる

佐藤:キヤノンでも2012年の春製品からWi-Fi機能の搭載を始めましたが、そこからさらに「本当にネットワークと親和性のいいカメラって何なんだろう?」という疑問を突き詰めたことが、今回の「PowerShot N」開発の出発点です。大切なのはカメラ自体にネットワーク機能を付けて、ユーザーがどういう使い方をしたいのかですよね。それを検討するため、コンセプトチームを立ち上げました。

昨年から各社Wi-Fi機能をコンパクトデジカメの1つのウリにしていますが、ネットにつなげるなら、やはりケータイやスマートフォンの方がずっとラクで便利じゃないかと思います。Wi-Fiがなくてもケータイの電波が届いていればいいですし……。

佐藤:ええ、そういう方もいらっしゃいます。ですから、カメラならでは、というのが問われることになります。そこで、普段からSNSや写真コミュニティをすごく活用している人間にもメンバーに加わってもらいました。カメラがネットにつながるとして、どういうカメラなら喜んで使うのか。カメラがネットとつながったその先で、ユーザーは一体どうしたいのか、といった話し合いを始めたのです。

 どんな写真がアップされているのか、ハマっている人たちはどういう人たちか――ミーティングを進めていく中で、今のSNSが写真を中心に広がっている点に着目しました。ほとんどのSNSが写真をアップできますし、写真に特化したSNSも活況です。そこにアップされている写真やフォローされている写真は、やはりひと味違いますよね。

具体的にどう違うのですか?

佐藤:かつては知り合いや親戚など、身近な人たちのつながりの中で価値を共有できるような写真が中心でした。一緒に旅行した写真を、その仲間で楽しむとかですね。しかし、今では写真愛好家だけでなく、一般の方でも不特定多数の人に画像を公開するというのが、新しい写真の楽しみ、写真文化として定着しています。

 しかもネットを通じてそれが簡単にできるようになりました。これまでそれほど写真を撮っていなかった人たちが、公開することによって他人に評価され、「いいね!」がもらえると、もっといい写真をアップしたくなる。そうなれば、さらにたくさん、これまでと違った写真を撮りたくなる、そんな循環やニーズが出てきていると思います。

コメント5件コメント/レビュー

素晴らしい。欲しい。これぞイノベーションですね。かつてWiiがコンピュータゲームと全く無縁だった人たちに受けたように、写真には興味ないという人に売れるかもしれません。(2013/02/22)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「あり?なし? 「勝手にいい写真を撮るカメラ」」の著者

酒井康治

酒井康治(さかい・こうじ)

日本経済新聞社 電子報道部

にっけいでざいん、日経マルチメディア、デジタルARENA、日経トレンディネットを経て、2013年1月から日経ビジネス副編集長。日本経済や地球の未来のことより、いつも猫のことを考えながら仕事をしている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

素晴らしい。欲しい。これぞイノベーションですね。かつてWiiがコンピュータゲームと全く無縁だった人たちに受けたように、写真には興味ないという人に売れるかもしれません。(2013/02/22)

良い写真をカメラが撮ってくれる必要はありません。 ファインダーに映ったままを記録してくれればいいのです。 昨今のカメラの殆どがファインダーに映っているとおりに記録してくれないことが何とも腹立たしいのです。 液晶画面でも同じことです。せっかく、液晶にきれいに映っているのに、プリントしてみると真っ暗なんてことがザラにあります。余計な理屈は良いから、見ている景色をそのままに記録して欲しいのです。 それが出来るカメラが良いカメラです。(2013/02/22)

なし。そこまで勝手にするのならもはや人が撮る必要が無い。(2013/02/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長