• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『銃・病原菌・鉄』のジャレド・ダイアモンド氏に聞く

「伝統的社会」から学べること

2013年3月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界はなぜ、富と権力がかくも不均衡な状態にあるのか――。人類はなぜ、それぞれの大陸でこれほど異なる歴史をたどり、異なる発展を遂げてきたのか――。なぜ、ごく一部の社会が世界を支配するに至ったのか。

 それは、民族間の生物学的な差異によるものではなく、たまたま生産性が高く、栽培しやすい野生植物や飼育しやすい野生動物が存在する地域に居合わせたおかげで、早くから農業を発展させることができ、そのおかげで食料生産はもとより、人口増大、技術革新、国家の樹立を推し進め、政治的にも、軍事的の優位に立てたからである――。つまり、食料生産ができる居住環境に存在したかどうかが大きな分かれ目だったということを見事に解き明かした著書『銃・病原菌・鉄』でジャレド・ダイアモンド氏は1998年、ピュリッツァー賞を受賞した。同氏はこのほど、ニューギニアをはじめ40年以上にわたり調査・研究を続けてきた伝統的社会を現代の社会と比較することを通じて、人類が抱える課題を最新作『昨日までの世界――文明の源流と人類の未来』であらためて浮き彫りにし、世界で話題を集めている。このほどその日本語版の出版にあわせて来日したダイアモンド氏に、現代人が伝統的社会から学ぶべきポイントの一部を聞いた。

エジャレド・ダイヤモンド氏
ジャレド・メイスン・ダイアモンド(Jared Mason Diamond)
1937年9月米ボストン生まれ。1958年に米ハーバード大学で生物学の学士号を取得後、1961年に英ケンブリッジ大学で生理学の博士号を取得。その後、生理学者として分子生理学の研究を続けながら、進化生物学、生物地理学へと研究領域を広げた。特に鳥類に興味を持ち、ニューギニアなどでのフィールドワークを行なった。そこでのニューギニアの人々との交流から人類の発展に関心を深め、その研究成果の一部が『銃・病原菌・鉄』として結実した。
アメリカ科学アカデミー、アメリカ芸術科学アカデミー、アメリカ哲学協会会員。アメリカ国家科学賞。マッカーサー・フェローシップ、ルイス・トマス賞など受賞多数。200本以上の論文を発表したほか一般書も多く出版。おもな著書に『銃・病原菌・鉄』『セックスはなぜ楽しいか』『文明崩壊』などがある。
(撮影:村田和聡、以下同)

今回の著書の中で、ニューギニアで経験した様々な身の危険について書かれています。若き研究者だった頃、野鳥観察を終えてニューギニア沖の島からニューギニア本島にエンジン付きのカヌーで戻ろうとした時、乗組員の操縦が乱暴だったことからカヌーが転覆、日没前に海に放り出されて危うく命を落としそうになったこと。また、ニューギニアではシャワーを浴びる際も、唇についた数滴の汚染水を舐めただけで赤痢にかかったりするため、唇をきつく結んでいなければならないことなど…。かくも厳しい環境であっても26歳の時からニューギニアを訪れ続けているのはなぜなのでしょう。何に惹かれるのでしょうか。

ダイアモンド:ニューギニアは非常に変化に富むところです。地形はもちろん、赤道上に位置し、熱帯地域に属するものの富士山より高い標高5000メートル以上の山もある。つまり、氷河も存在する。東アフリカのキリマンジャロと南米のアンデス山脈も赤道上に位置しながら氷河が存在するが、いずれも相当内陸部です。しかし、ニューギニアは島なので、世界で唯一、珊瑚礁の上に立ちながら青い空に氷河を頂く山を見ることができる。あるいは氷河の頂上に立ちながら、珊瑚礁を見下ろすことができる。

 しかも島でありながら赤道から北極という生息環境がすべて存在し、山を登ればそのすべてが見られます。島独自のほ乳類や世界で最も美しい鳥も多く存在します。その意味では、小さな大陸というべきかもしれない。そして、その閉ざされた小さな島には1000以上もの部族が存在し、1000以上の言語があります。言語の数が多いだけでなく、それぞれが極めて異なっており、どれも中国語と英語、あるいはアラビア語ほどに違う。

コメント0

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「『銃・病原菌・鉄』のジャレド・ダイアモンド氏に聞く」の著者

石黒 千賀子

石黒 千賀子(いしぐろ・ちかこ)

日経ビジネス編集委員

日経BPに入社後、英LSEに留学し修士取得。日経ビジネス、日経ナショナルジオグラフィック、日経ベンチャーを経て、2003年日経ビジネスに編集委員として戻る。主に、本誌の「世界鳥瞰」の欄を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長