• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「クビにする人に、理由を説明する必要はない」

「マネーボール」(2011年 ベネット・ミラー監督)【承前】

2013年3月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

前回に引き続き「マネーボール」の後編ですが、経営者の判断でクビを切る人間に対しては、事情の説明なんてしなくてもいい、というお話でしたが。

押井:余計なことは必要ないんだという話なんです。「お前はクビだ」という時点で、その人と友情があろうが過去があろうが、そいつが家を買って娘が転校したばかりだろうが一切関係ない。どちらも職業人なんだから、それで当たり前なんです。

日本人はそこまでドライになれないですよね。

押井:だから日本人は戦争に負けるんだよ。本当にそうだよ。海軍のハンモックナンバー(※注)と一緒じゃん。嘘みたいな話だけど、要するに海軍兵学校の試験の成績が何番目かで、海軍入隊後の階級を決めてたの。国の存亡が懸かってるのに、学校の中だけの価値観のみで指揮官を本当に決めてたんだよ。めちゃくちゃやったと言われてる山本五十六と言えども抵抗できなかった。だから戦争に負けるんだよ。

※ハンモックナンバー

大日本帝国海軍では、兵学校の卒業席次を基にした「ハンモックナンバー」によって階級が決められていた。そのため、先に卒業した先輩を飛び超える人事や卒業席次順に反する人事が行えなかった。

 アメリカ海軍なんて司令官だってコロコロ変わるんだから。1回失敗したらクビ。その代わりそいつに決めた上司のクビも懸かってるんだよ。

どうして過去の実績や慣例で選んじゃうんでしょうか?

押井:失敗したときの言い訳になるからだよ。あえてその慣例を破って指揮官を決めたら、その指揮官が失敗した時に「だから言ったじゃないか」と、選んだそいつの責任になる。

 だけどそうやって、任命の責任を明確にしないんだったら、会社だろうが国だろうが滅びて当たり前なんです。

 この映画の主人公、ビリー(ビリー・ビーン)だって同じだよ。彼はお金のない球団、オークランド・アスレチックスのGM(ゼネラルマネージャー)の自分にとって「何が一番重要なのか」を絶えず考えてる。だから必要とあらば容赦なくクビを切る。みんなが丸く収まるような方針でやったら、今後もジリ貧で優勝できなくて、いずれ自分がクビになる。それははっきり目に見えてるんだから。

そうなったら娘を大学にやるどころじゃないですよね。

押井:本当にスポーツ用品を売って歩くしかなくなる。そういうときこそ人間は勝負に出るわけだよ。

失敗を喜ぶ人間がたくさんいる時こそ、勝負に出ろ!

押井:かつての僕もそうだったんです。僕が失敗して大喜びする人間は山ほどいたわけ。だけどそういうときにこそ勝負に出るんだよ。失うものがないんだから。ましてアニメの監督なんて1回失敗して干されたっていずれは必ずカムバックできるから。ちゃんと現場の責任を取れる監督の数は限られてる。しばらくは仕事がないかもしれないけど、そのうち必ずある。だから勝負に出ないほうがどうかしてるよ。

押井監督の「かつての勝負」というのは…

押井:いや、これは「勝負に出るというのはどういうことか」っていう話でさ、プロデューサーやスポンサーの言うことを全部聞いて、スタッフの忠告も全部聞いて、録音監督の忠告も全部聞いて、それでやって勝負になるのかと言ったら、そんなの勝てるはずがないじゃん。その結果できたのが「(うる星やつら)オンリー・ユー」だよ。

あの時の話でしたか(笑)。

押井:「オンリー・ユー」の時は、何を最初に実現するのかという順番が明解じゃなかったんです。いろんな方面に気を配って、あれもこれも全て満たそうとした。

コメント15

「押井守監督の「勝つために見る映画」」のバックナンバー

一覧

「「クビにする人に、理由を説明する必要はない」」の著者

押井 守

押井 守(おしい・まもる)

映画監督

1951年生まれ。東京都出身。大学卒業後、ラジオ番組制作会社等を経て、タツノコプロダクションに入社。84年「うる星やつら2」で映像作家として注目を集める。アニメの他に実写作品や小説も数多く手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック