• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インフラ問題、最重要は学校のトイレ?!

河村浩・学校のトイレ研究会事務局長に聞く

2013年3月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2012年12月、中央自動車道・笹子トンネルで発生した天井板落下事故を機に、注目を集める日本のインフラ老朽化問題。「日経ビジネス」2月11日号でもこのテーマを特集し、国内の橋梁やトンネルの約半数が2030年には建設から50年が経過することなどを指摘し反響を呼んだ。だが、「橋やトンネルのみならず、可及的速やかに改善すべき社会インフラがもう1つ、この国にはある」と警鐘を鳴らす専門家がいる。河村浩・学校のトイレ研究会事務局長にその主張を聞いた。

(聞き手は鈴木信行)

――まずはどのような団体なのか教えてほしい。

河村:その名の通り、学校のトイレを研究する団体だ。私が在籍するTOTOなどトイレ関連メーカー7社が1996年に共同で設立した。トイレに関する生徒や教師など現場の声を収集したり、その衛生度を科学的に分析したりするのが主な活動で、文部科学省とも随時意見交換会を実施してきている。

日経ビジネスでは2月11日号で、高度経済成長期に建設された日本の道路や橋梁、下水道など産業基盤の多くが老朽化の危機にあることを詳報した。そうした社会インフラと同じくらい学校のトイレの改善・修繕も必要というのが研究会の主張だが、そう考える理由は何か。

河村 浩(かわむら・ひろし)
1985年TOTO株式会社入社。商品の企画・デザインやパブリックトイレの空間提案に携わる。1996年同社の専門家向け提案施設であるテクニカルセンター創設を推進。2008年学校のトイレ研究会事務局長に就任。(写真/清水真帆呂)

河村:子供たちの発育・健康に密接に関係するからだ。例えば、胃腸障害や便秘など健康障害を子供たちにもたらす恐れがあるものとして、「学校のトイレに行けない症候群」という問題がある。

知っている。確かに一昔前は、男子を中心に、休み時間に個室トイレを利用した生徒を集団で冷やかす状況が日本各地にあった。その結果、学校でトイレに行くのを躊躇した児童も少なからずいたはずだ。だが、それは20~30年前の話で、今の子供はそんな他愛もないことには関心が薄いのではないか。

河村:大きな誤解だ。時代が移り変わっても子供の本質は同じようだ。現在でも、学校のトイレで個室に入った男子児童を「ウンチくん」などとからかう現象は全国的に観測できる。

今も放課後、自宅のトイレに全力疾走

20~30年前は、学校のトイレを利用できないが故に、下校の際、自宅まで全力疾走を余儀なくされる児童もいた。

河村:その点も今と同じだ。学校現場へのヒアリング調査などを見る限り、日中我慢した生徒が放課後、学校の近隣にある友達宅のトイレへ駆け込む事象は現在も散見される。

先ほどの「ウンチくん」ではないが、20~30年前は、排泄にまつわるエピソードを機に、不適切なあだ名を付けられたり、その逸話を長期間に渡り吹聴されたりするケースもあった。話を聞く限り、今もいじめの温床の1つになっている可能性がある。有効な対策はないのか。

河村:長年言われてきたのが男子トイレの完全個室化だ。

コメント6件コメント/レビュー

人命に関わる最優先で修繕しなければならないインフラが他に沢山あるのに、業界癒着記事もここまで来ると、怒るのを通り越して爆笑してしまいそうになりました。においや床材の問題はともかく、トイレの洋式化・個室化が進めば、今度は温水シャワーをつけろ! 冬季には温座カバーの電源をつけろ! などと、モンスターペアレントからの要望が際限なく出てくる だろうが、その費用はトイレ研究会さんが寄付してくれるとでもいうのか?そもそも和式トイレも使えない男児が大人になって途上国で市場開拓できるとも思えないが、こればかりは男児の1人1人が自分自身で乗り越えてもらうしかない、大人になるための通過点ではないだろうか。(2013/03/14)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「インフラ問題、最重要は学校のトイレ?!」の著者

鈴木 信行

鈴木 信行(すずき・のぶゆき)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日本経済新聞産業部、日経エンタテインメント、日経ベンチャーを経て2011年1月から日経ビジネス副編集長。中小企業経営、製造業全般、事業承継、相続税制度、資産運用などが守備範囲。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人命に関わる最優先で修繕しなければならないインフラが他に沢山あるのに、業界癒着記事もここまで来ると、怒るのを通り越して爆笑してしまいそうになりました。においや床材の問題はともかく、トイレの洋式化・個室化が進めば、今度は温水シャワーをつけろ! 冬季には温座カバーの電源をつけろ! などと、モンスターペアレントからの要望が際限なく出てくる だろうが、その費用はトイレ研究会さんが寄付してくれるとでもいうのか?そもそも和式トイレも使えない男児が大人になって途上国で市場開拓できるとも思えないが、こればかりは男児の1人1人が自分自身で乗り越えてもらうしかない、大人になるための通過点ではないだろうか。(2013/03/14)

私も学校のトイレは洋式化・乾式化にするべきと考えいましたが、記事中の「改修後、「大便をするとからかわれる」と感じる児童自体がゼロ」はうれしい驚きです。50歳代の私でも洋式トイレで育ちましたし、学校の和式トイレは苦痛でありできれば使いたくないものでした。なぜ、学校施設では未だに和式トイレが跋扈してるのでしょうか。私の母を見て分かるのですが、「高齢の方ほど和式に親和性」は全くの誤りです。足腰が弱ってきた人にとって、和式トイレでしゃがむのは拷問に等しいのです。日本テレビの「巨泉のこんなモノいらない!?」というTV番組で、無くしていいものとして和式トイレが取り上げらたのは、もう四半世紀近く前でしょうか。番組中で、不特定多数の人が触る公衆トイレの洋式便座、電車の吊革、ドアノブなどの雑菌を調べたら、雑菌数が一番少なかったのは、なんと便座だったようです。(2013/03/14)

 大分昔のことだが或る国立女子大で学会があり、その大学のトイレの汚さ、今でもその有名大学のイメージはそのトイレ。 私はトイレには最も拘る、トイレで評価、トイレのダメなホテルはあとは推して知るべし、東京駅南口のバス乗り場近くのトイレも利用したくない。8年前、東鳴子温泉湯治客の80代の女性は高速道路沿いのバスターミナルで洋式トイレを探すのに手間取ったと言い、また新年会の会場に洋式トイレが無いので90代の両親は出席出来ずと今時珍しいが友人の言・・・、わが妹は初めての海外旅行(10年以上前)の印象に残ったこと、スエーデンでは何処の公衆トイレも臭わなかった、陰圧の故。(2013/03/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長