• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

デフレは、賃金を下げ過ぎた経営者の責任だ

吉川洋・東京大学大学院経済学研究科教授に聞く

2013年3月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 近著『デフレーション――日本の慢性病を解明する』(日本経済新聞出版社)で、長引くデフレの原因を「イノベーションの欠如にある」とした吉川洋・東京大学大学院経済学研究科教授。そのイノベーションの欠如をもたらした元凶は、企業による正規雇用から非正規雇用への流れなどによる名目賃金の下落であると論じ、デフレの原因を「日銀の金融緩和が不十分だからだ」とする説に真っ向から反論した。さらには過去40年のマクロ経済学は「進化などしていなかった」と、最新のマクロ経済学を斬って捨てる。その真意について、さらに話を聞いた。

 (聞き手は広野 彩子)

ご著作『デフレーション』で、日本が停滞した原因の1つを、(合理化するための)プロセスイノベーションにこだわりすぎてモノ作りのイノベーションがなかったからだ、という趣旨で書いておられました。医療分野でのイノベーション、たとえば介護ロボットを開発するとか、需要創出型のイノベーションが大事というのは吉川先生の以前からの主張です。

吉川:そうそう。私の持論は、需要創出型のイノベーションなのです。リフレ派の人からは、間違っていると言われてしまうんですが。日本はデフレだから、とりあえずデフレを止めよ、というのがリフレ派の主張です。私も止められるなら止めよう、そこで技術進歩やイノベーションが必要だと言うと、それは供給サイドの発想だろうと批判される。つまり標準的な経済学で考えるとそれは供給サイドで、経済の天井を上げることだから、デフレギャップが広がることになると。

吉川洋(よしかわ・ひろし)
東京大学大学院経済学研究科教授。1974年3月東京大学経済学部経済学科卒業、78年12月米エール大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。82年大阪大学社会経済研究所助教授、88年東京大学経済学部助教授、93年2月東京大学経済学部教授を経て現職。著書に『高度成長―日本を変えた6000日』(中公文庫)『いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ―有効需要とイノベーションの経済学』(ダイヤモンド社)など多数。(写真:陶山勉、以下同)

需要はもう満たされているとして、需要はそのままで供給だけを増やすことだ、ということですね。

吉川:需要が今十分とすれば、経済の天井を上げるのだから、デフレギャップが広がってもっとデフレがひどくなるという話ではないかということです。需要不足は私も認めます。需要不足なら技術革新などと言うなというのが標準的な反応です。ただそれはちょっと違う、と私は思う。

 供給サイド、需要サイドという整理自体に限界がある。革新的なモノを生み出すプロダクトイノベーションはある種、供給サイドと言えるのですが、それがこれまでになかった新たな需要をつくるでしょう。逆に言うと、狭い意味でのケインズ経済学は、需要をつくると言った時、どれほど持続可能な需要かについて何も語らない。

 確かに道路に穴を掘って埋めても需要は生まれるけれども持続可能ではない。大仏を作るとか、何かを造成すると言ったって、単発で終わりです。私の言う需要創出型のイノベーションは、もっと持続性のある、介護や医療など成長分野でのプロダクトイノベーションで経済を引っ張っていくという話です。

日本からなぜiPhoneが生まれなかったか

需要創出型のイノベーションといえばiPhoneなどがいい例でしょうか。なぜ日本で生まれなかったのかと。

吉川:それが、日本企業が効率化でコストを切り詰める「プロセスイノベーション」ばかりをしていたからなのです。

 バブル崩壊後、日本企業は雇用、設備、債務の3つの過剰を抱えていると言われていました。設備と債務はともかく、人で、とにかく人件費を削った。その頃から中国をはじめ、アジアの国と競争がさらに激しくなるというのでコスト抑制を続けてきた。原材料費削減や合理化といったこともあるでしょうが、コストの本丸は人件費です。

コメント47件コメント/レビュー

吉川先生が提唱する「需要創出型のイノベーション」を「成長期待」と読み替えれば、リフレ理論の「インフレ期待」と同じ論法で理論化・政策化できそうな気がします。その方が話が単純でスッキリするように思います。もちろん吉川先生は、ご自身の議論が「期待」ベースの議論に包摂されてしまうことに同意されないだろうと想像しますが…。(^^ゞ(2013/04/28)

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

「デフレは、賃金を下げ過ぎた経営者の責任だ」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

吉川先生が提唱する「需要創出型のイノベーション」を「成長期待」と読み替えれば、リフレ理論の「インフレ期待」と同じ論法で理論化・政策化できそうな気がします。その方が話が単純でスッキリするように思います。もちろん吉川先生は、ご自身の議論が「期待」ベースの議論に包摂されてしまうことに同意されないだろうと想像しますが…。(^^ゞ(2013/04/28)

現実は、安易な人件費削減によって社会全体から可処分所得が減り、その結果モノは売れなくなり、景気は落ちた。根本的な問題はそこだろう。第三次産業がGDPの90%を占めている日本で、可処分所得の減少は不景気に直結する。当たり前の話だ。またマネーサプライがどうであれ、賃金に反映されなければ可処分所得、すなわち消費は増えないので景気も上がらない。結局、近視眼的な経営者たちの目先のコスト削減指向が諸悪の根源としか言いようがない。イノベーションがその改革になるのか。社会全体に波及するほどの効果があるイノベーションとはなんなのか。限定された業界などならともかく、それ以上のことが出来るのか。次はそういうところの分析と回答を期待したい。(2013/04/23)

ふと気がついたらコメント欄が不毛な論争に成り果てているようでびっくりした。イノベーションが必要というのはそうしなければ売れないからに過ぎない。いや、売れますよ、過去のイノベーションにすがった大量生産品であれば売れますが、それを作るのは日本人では成り立たない。日本の高い賃金で陳腐な大量生産品を作り続けたところで利益を得るのは不可能。賃上げなんてとんでもない。賃下げして、海外の工場で製造させて、かつかつがいいところ。従業員が悪いわけでも経営者が悪いわけでもない。少なくともこの状況の中で現時点で最善の選択をしているまでのこと。しかし将来は??? 要は途上国では作れないものを産み出して世界を相手に商売をしない限り、儲けは得られない。まさかそれを知らない読者がここにいるとも思えないが。(2013/04/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員