• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あなたがリゾートでくつろげない最大の理由

河野透・NPO法人森林セラピーソサエティ事務局長に聞く【後】

2013年4月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 河野透氏は、「タコの赤ちゃん」のCMを作り、「ウォークマン」の名付け親でもあり、ソニーのブランドイメージを発信する広告宣伝を2006年にソニーを離れるまで担ってきた人だ。ということは、ソニーのカリスマ経営者、特にデザインや広告宣伝に強いこだわりを持つ故・大賀典雄氏とずっと接し、めちゃくちゃ叱られてきた人でもある。

 カリスマに仕えるのはやりがいもあるが、大変なストレスも抱え込む。それを乗り越えた経験から、今ビジネスパーソンに役立つストレス解消策を聞けないものか。まずは前編に引き続き、彼の「叱られ話」からどうぞ。



【前回から読む

*   *   *

大賀さんが仕切っていた当時のソニーのデザイン会議では、新製品のデザイン評価用のモックだけではなく、広告の仮原稿、ビジュアルまで一緒に並べて評価していたというお話しでしたよね。

河野:そうです。今度出す新製品の性能はこれこれで、名前はこれ、デザインはこう、だから広告ではこういうやり方をします、と説明して、後ろにモックアップと広告ビジュアルが貼ってある。

 そこで、スタッフの言い分が何か「まとも」で「ありきたり」だったりすると、大賀さんの大激怒が始まるわけです。もうその場でびりりと八つ裂きです。

企画書を。

河野 透(こうの とおる)
NPO法人森林セラピーソサエティ事務局長、多摩美術大学造形表現学部デザイン科非常勤講師。1968年、多摩美術大学デザイン科卒、ソニー入社。1996~2002年コーポレートADセンター長、1996~2002年ソニーマーケティング常務・広告宣伝本部長。2002~2006年ソニーPCL副社長を勤めた後、ソニーを離れる。現在は、日本の豊かな森林資源を活用し、心身の健康に効果を生み出す、森林セラピーを通して地域の活性化に取り組む。(写真:陶山 勉)

河野:じゃなくて、広告のポスター案を。ずかずかスタッフの後ろまで突進して。ポスターを破いて、モックアップをつかみ上げて、床に叩き付けて壊しちゃう。

ひえー。本気でスパナを投げつけてくる本田宗一郎さん(「本田宗一郎」がここにいる!ホンダOBが駆けつけるある映画)に負けず劣らずですね。それがどれくらいの頻度であるんですか。

河野:デザイン会議は月に1回でした。

当時、河野さんは製品を作る側にいたんですか。

河野:じゃなくて宣伝です。でも、当時のソニーは大賀さんの言葉通り、デザインも広告も、製品開発と一体でやっていましたから、同じように叱られ、傷つき、「コンチクショー!次は絶対、大賀のヤツを唸らせてやるぞ」と思うわけです。

製品開発と宣伝が一体と言いますが、どのくらいのところから関わるんですか。

河野:商品企画のスペックを固めるところからでしたね。デザインを決める前です。

「いいぞ、河野、よく言った!」

じゃあ、本当に広告宣伝の担当者が、開発の最上流のところから噛むわけですか。

河野:最初から一緒でした。だから僕らが手にするのは、商品企画書といって文字と数字だけです。「その商品が何の目的のために生まれてきたか」ということが書いてあるわけ。開発者の意図が明文化されている。それを「こういうことがやりたいんだね」と、ひもといていくわけですね。

 それだけじゃなくて、時には開発者のほうから「こういう製品を考えているんだけど、どうやったらお客さんに一番驚いてもらえるか、どうにも分からないんだ」と、相談されることもありましたよ。「広告だったらこの商品のどこを訴えたいと思う?」と。

いきなり話がみみっちくなりますが、部門間の対立ってなかったんですか。

河野:なかったわけもないだろうけど、僕らは製造チームと結構タッグを組んでいたね。会議では、広告をくさす振りをしながら商品や製造に当てこすりをする役員もいるわけですよ。プレゼンしている僕らじゃなくて作っているやつに言っているんです。それをこっちが頑強に抵抗したり、論破したりすると、もう後ろからわーっ、いいぞーっと拍手してくれたりする。

「おお、河野、よく言った」みたいな感じに(笑)。

河野:そういう会議でしたから、ある意味では面白い場ですよね。単なる儀式じゃないから。

そういう雰囲気だから、大賀さんのストレスにも耐えられた?

コメント9

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「あなたがリゾートでくつろげない最大の理由」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長