• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

甘やかして、世界で勝てるのか

ファーストリテイリング・柳井正会長が若手教育について語る

2013年4月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント66件コメント/レビュー

本当にTPP、FTAは自由なのか?開国なのか?これは、騙し文句である。
小生は第二次世界大戦の前にもどったと見る。WW2の前は、世界恐慌の後にブロック経済になった。今また、自由の名の下でブロック経済が復活しようとしている。世界を覆う経済成長の鈍化を受け、再び経済戦争、市場の囲い込み競争が起きている。TPPが対中国のブロック経済であることは明白であり、日中韓FTAは中国がそれにくさびを打とうとしているのだ。経済だけを見て、国際政治を見ていない。自社が儲けることしか考えずに、国益を無視している。そういう日本人が多すぎる。
説明してほしい。TPPがなぜ「自由」なのか?「開国」なのか?正反対である。ある特定の国だけに、関税をかけないようにするということは、それに加われなかった国から見れば、差別であり、関税障壁を設けられたのと同じである。何が「自由」なのか?制限と排除である。TPPに加われなかった国から見れば、TPPブロック経済圏外には、貿易を不利にして、「閉じて」いるのである。
ブロック経済こそ、第二次世界大戦のヒキガネであり、その貴重な教訓から、ブロック経済を排除して、世界をできるだけ差別しない「自由貿易」を推進したのが、戦後の世界経済だ。それをTPPやFTAでブロック化することは、それこそ戦争を誘発する行為であり、TPPに加盟することこそ、「戦争法案」である。(2016/02/01 00:28)

「それをやったら「ブラック企業」」のバックナンバー

一覧

「甘やかして、世界で勝てるのか」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネスクロスメディア編集長

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・運輸業界や小売業界などを担当。2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本当にTPP、FTAは自由なのか?開国なのか?これは、騙し文句である。
小生は第二次世界大戦の前にもどったと見る。WW2の前は、世界恐慌の後にブロック経済になった。今また、自由の名の下でブロック経済が復活しようとしている。世界を覆う経済成長の鈍化を受け、再び経済戦争、市場の囲い込み競争が起きている。TPPが対中国のブロック経済であることは明白であり、日中韓FTAは中国がそれにくさびを打とうとしているのだ。経済だけを見て、国際政治を見ていない。自社が儲けることしか考えずに、国益を無視している。そういう日本人が多すぎる。
説明してほしい。TPPがなぜ「自由」なのか?「開国」なのか?正反対である。ある特定の国だけに、関税をかけないようにするということは、それに加われなかった国から見れば、差別であり、関税障壁を設けられたのと同じである。何が「自由」なのか?制限と排除である。TPPに加われなかった国から見れば、TPPブロック経済圏外には、貿易を不利にして、「閉じて」いるのである。
ブロック経済こそ、第二次世界大戦のヒキガネであり、その貴重な教訓から、ブロック経済を排除して、世界をできるだけ差別しない「自由貿易」を推進したのが、戦後の世界経済だ。それをTPPやFTAでブロック化することは、それこそ戦争を誘発する行為であり、TPPに加盟することこそ、「戦争法案」である。(2016/02/01 00:28)

投資の観点からはブラックであれば、儲かりやすいのは当たり前で資本家として一流な事が分かります。一方で世界市場と日本市場では貨幣価値も飽和状況も違いますので、「経営者」よりは寧ろ「カネ」を観点とする「資本家」という本質も浮き彫りにしていますね。(2016/01/31 19:31)

某テニス選手が着ているユニクロ製ウェアを見ると、あまりのダサさに選手が可哀想になる。機能的にもガチのスポーツウェアメーカーの足元にも及ばないのではないかと想像する。にもかかわらず、ナイキやアディダスと張り合うつもりでいらっしゃる。心底驚きいた。なめられたもんだな、ナイキやアディダスも。ユニクロ製品は、使い捨て製品。毎年買うから売り上げが落ちなかった。しかし、だんだん、その使い捨て消費から離れていく消費者が多くなってきた。それは、ユニクロ製品を通して、ユニクロというメーカーの衣服に対するリスペクトの低さが透けて見えたこともあるだろう。突き詰めれば、その服を身につける「人」」へのリスペクトが足りない。それが分かってしまったのだと思う。だから、ブラック企業と言われて、「ああ、やっぱり」と納得されてしまうう。
 ナイキやアディダスの、着古す過程で「味」が出てくるウェアに手を通すことで感じる「豊かさ」について、柳井氏は考えたことがあるのだろうか。テニス選手が着れば「品質」が伴うとは、まさか思ってはいないよね。問題は品質だ。だから、米国でユニクロが苦戦する。スポーツ文化が浸透している彼の国の人々をよく見たらよい。定番は、カレッジやNFLなどプロチームのウェア。その中で各メーカーはしのぎを削っている。昔、良い製品を出していたスターターというブランドですら、負けていった。今はほぼナイキが独占しているが、それは、衣服を着るのは人間だ、という視点のもと、デザイン、素材等々、すべてを含めた「品質」が認められているから。人も服も「使い捨て」文化のユニクロに、そんな製品、作れるのか。(2016/01/31 18:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長