• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

プラスチックごみを効果的に減らす方法はありますか?

過剰包装を減らす運動を展開する石川雅紀・神戸大学大学院教授に聞く

2013年5月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 キッチンにあふれるプラスチックごみに嫌気が差している読者も多いのではないだろうか。NPO法人の「ごみじゃぱん」は、神戸大学の学生が中心になり、スーパーなどと協力して「減装(へらそう)ショッピング」のプロジェクトを展開。2012年度の「リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰」の内閣総理大臣賞に選ばれた。代表を務める石川雅紀・神戸大学大学院教授に過剰包装を減らすための取り組みについて聞いた。

(聞き手は田中太郎)

ごみの分別やリサイクルが進んだといっても、なかなか減らないのがプラスチックでできた容器や包装のごみです。私の家でも、キッチンにある分別ごみ箱で最初に満杯になるのが容器包装ごみの箱です。ごみになるものを減らすリデュース(発生抑制)はなかなか進みません。石川さんが代表を務めるNPO法人「ごみじゃぱん」が取り組んでいる「減装(へらそう)ショッピング」は、このリデュースに真正面から向き合った活動ですね。

石川雅紀(いしかわ・まさのり)氏
神戸大学大学院経済学研究科教授。1978年東京大学工学部卒業、東京水産大学水産学部食品工学科を経て2003年から現職。2006年廃棄物の発生抑制を目指すNPO(非営利組織)ごみじゃぱん設立、代表理事。専門は環境経済学、環境システム分析

石川:「減装ショッピング」は、同じカテゴリー商品のなかで、中身当たりの容器や包装の重量が小さい上位30%程度のものを「減装(へらそう)商品」として推奨し、消費者が商品を選ぶ際の参考にしてもらう活動です。スーパーなどの商品棚に減装商品のマークを表示して、買う時にもごみを減らすことを考えてもらうのが狙いです。

ダイエーは関西・中部地区70店舗で展開

 最初の2007年は1店舗で1カ月間の期間限定でしたが、2008年は4店舗3カ月間というように徐々にスケールアップしてきました。2011年からは日常的な活動にし、店舗数もダイエーの神戸市内の直営店22店舗と岐阜県大垣市の1店舗、コープこうべの1店舗に広がりました。ダイエーは現在、関西・中部地区の70店舗まで拡大しています。さらに2011年には、山崎製パンが減装マークを外袋に印刷したパンを全国で発売しました。

「減装商品」のマークを表示することによって消費者の購入は増えるのですか。

お店で店員さんと一緒にイベント

コメント4

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「プラスチックごみを効果的に減らす方法はありますか?」の著者

田中 太郎

田中 太郎(たなか・たろう)

日経エコロジー編集長

1990年早稲田大学卒業、日経BP社入社。「日経レストラン」「日経オフィス」「日経ビジネス」「日経ビジネスアソシエ」「日経エコロジー」「ECO JAPAN」などを経て2014年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長