• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国、人件費上昇で今年「ロボット生産元年」に

安川電機(中国)後藤英樹董事長に聞く

2013年6月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ご存知だろうか。2013年は産業用ロボットの「中国生産元年」と呼ばれている。年明けに機械メーカーの不二越が江蘇省張家港市で生産し始めたほか、6月下旬には、この分野で世界1、2位を争う安川電機も同省常州市にロボットの新工場を稼働させる。ドイツのKUKAロボターも年内に中国での本格生産に乗り出すといい、従来はスイスのABBだけだった「現地生産組」が急増する。

 4月には「日本ロボット工業会」の中国版にあたる業界団体も設立され、当地での産業用ロボットの普及が一段階ステップアップしたのは間違いなさそうだ。日経ビジネス6月3日号の編集長インタビューでは安川電機の津田純嗣会長兼社長が「人の気持ち」が中国でのロボット普及を後押しすると語っていた。

 当地の製造業に、いま何が起きているのか。現場の動きを安川電機(中国)の後藤英樹董事長に聞いた。

(聞き手は佐藤 浩実)

常州市のロボット工場の稼働が迫ってきました。国際ロボット連盟(IFR)によると、すでに中国では9万9900台(2012年の推計値、日本は約29万台)のロボットが稼動しています。これから現地生産に乗り出すのはなぜですか。

後藤 英樹(ごとう・ひでき)
1975年安川電機入社、05年に取締役マーケティング統括本部長となり、10年に取締役。現在は執行役員中国統括で、安川電機(中国)有限公司の董事長。座右の銘は「常念必現」。趣味は読書と自宅周辺や人民公園のウォーキング。

後藤:ご指摘の通り、中国ですでにロボットを導入している工場はあります。自動車メーカーや1次部品メーカー(ティア1)です。しかも日本や欧州といった外資系の企業が中心。同じ自動車をつくるには同じような設備が必要ですから、ロボット導入がいち早く進んだのは当然と言えます。本国の工場と同じロボットを使うことが多い(=たとえば、独フォルクスワーゲンはKUKA、米ゼネラルモーターズはファナックが中心だ)。この分野のロボット導入は今後も、中国の自動車生産の拡大に伴って伸びていくでしょう。

 最近になって何が変わってきたかというと、1つはフォックスコン(富士康科技集団)などの電子・電機関連メーカーがロボットを使い始めたことです。これまでは労働者を大量採用していましたが、賃金がどんどん上がってきた。「労働集約型」のままでは利益が出せなくなるのは確実で、ロボットに置き換えていこうとしています。

 もう1つが、建設機械や造船など「3K(きつい、汚い、危険)」の職場を持つ幅広い産業でロボットの需要がでてきたことです。こうした職場は人の集まりにくさに悩んでいます。だからロボットに頼ろう、というわけです。自動車産業だけでなく、ロボットが広く普及する段階に入ってきたこと。それが需要という側面から見た現地生産の理由です。

「人件費の上昇」と「きつい仕事を嫌う労働者」、確かにロボット導入のきっかけとしてよく語られる理由です。安川電機のお客さんについて、具体的な事例を知りたいです。

後藤:たとえば「焼結レンガ」をつくっている工場にロボットを売りました。重たいレンガを運ぶ工程です。人の場合は1回あたり30kgを運ぶのが限界でした。ロボットは60kg運べます。「疲れた」「重い」と言わず、24時間働きます。ある設備メーカーでは、これまで人手でやっていたカバーを溶接する工程をロボットに切り替えました。この企業はお客さんに設備を売るときにも、うち(安川電機)のロボットを組み合わせて「省力化できる」とうたってくれています。

コメント0

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

「中国、人件費上昇で今年「ロボット生産元年」に」の著者

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO