• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

岩瀬大輔が「僕、頭が悪いのだろうか?」と思った出会い

最初に加入した生命保険は月額2万円だった

2013年6月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 僕が生命保険について考えるようになったのは、大学を卒業し、最初に勤めた会社に就職をして1年が過ぎた頃です。大学時代の同級生から、外資系生保会社に勤める男性コンサルタント("ライフプランナー"はソニー生命の商標)を紹介されたのです。同級生は、この男性コンサルタントの紹介で、生命保険に加入したようでした。

 それまで、僕は生命保険に対して、一切関心がありませんでした。身内でいうと、祖母は20年近く保険の営業職員をしていたのですが、仕事の話は聞いたことがありませんでした。1990年代後半にいくつもの生保会社の経営が破綻した時にも、特に関心を持っていませんでした。というのも、当時大学生だった僕は、司法試験の勉強に集中していて、ニュースに関心を持つどころではなかったのです。生命保険についても生命保険業界についても、正直なところ、ほとんど考えたことがありませんでした。

 そんな保険への関心ゼロのまま社会人2年目に突入した僕の目の前に、"ライフプランナー"という聞き慣れない職業のヒトが現れました。ちょうど、母親に「社会人になったら一応保険には入ってほしいわ。なにかあったときに高額の医療費はとても支払えないし」と言われていたこともあり、そのライフプランナーに会ってみることにしました。

 で、会いました。話を聞きました。何度かにわたって聞きました。

 で、悩んでしまいました。

話の内容がさっぱり理解できず…

 僕は、頭が悪いのではないだろうか?

 というのも、目の前のライフプランナーの方の話している内容がさっぱり理解できなかったからです。

 終身保険とは何なのだろう?

 生きても死んでももらえる保険とは?

 話の前提が「入るのが当然」から始まっているので、大元の疑問がさっぱり解けないわけです。

 ライフプランナーの方は実に熱心でした。僕は根負けして、「岩瀬さんのような外資系企業で働いていらっしゃる方ならば、このくらいの保険がいいでしょう」と、終身保険に入りました。月額の支払いは2万円。今思うと、若手サラリーマンにしては結構な出費です。

 数年後に、この保険は解約しました。

 会社を辞めて、米ハーバード大学のビジネススクールに留学することになったからです。すると今度は別の保険が僕を待ち受けていました。留学に当たっては、医療保険への加入が義務づけられていたのです。ご存じの通り、アメリカには国民健康保険の制度がないため、民間の医療保険に加入しなければならないのです。僕の加入した保険の保険料は、確か年間で40万円程度だったと記憶しています。

コメント2

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「岩瀬大輔が「僕、頭が悪いのだろうか?」と思った出会い」の著者

岩瀬 大輔

岩瀬 大輔(いわせ・だいすけ)

ライフネット生命保険社長兼COO

1976年埼玉県生まれ。98年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官