• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

掛け捨ての保険って、本当は損なんじゃないの?

生命保険には玄人が素人のために書いた本がないという現実

2013年6月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ライフネット生命を創業する以前、僕はコンサルティングの仕事をしていました。コンサルタントという仕事に専門分野はありません。通信会社のコンサルティングをするときには通信の、レコード会社のコンサルティングをするときにはその業界の研究から取り組みます。どう研究するのか?

 答えはシンプル。
 関連書籍を大量に買い込む。それを読んで勉強する。

 以上です。

 コンサルティング会社にはどんな秘術が隠されているのか、と思うかもしれません。でも仕事は膨大な読書からスタートするのです。いくつかの業界のコンサルティング業務をこなしていくと、だんだん「本読み」の要領が分かってきます。どんな本が役に立つのか。本から吸収した知識をどう組み合わせれば、コンサルティングにつながるのか。

 数年もコンサル稼業を務めると、大体20冊も読めば、その業界の全体像が見えてきます。

 ところが。生命保険業界は違いました。ライフネット生命保険を立ち上げるにあたって、僕はコンサルティング会社時代の経験を生かし、とにかく大量の保険関係の専門書を買い込みました。一気に読みました。名だたる本は大体目を通しました。なのに、いくら本を読んでも、わからなかったのです――保険業界とは、一体どんな仕事なのかが。

 まず、「言葉」がわからない。本に書いてある「専門用語」と、保険業界の人間が口頭で交わしている「口語」とが一致しないんですね。

大量に専門書を読んでも、生命保険が全然わからない!

 このため、あれだけ大量の専門書を読んだのにもかかわらず、生保業界出身の社長の出口治明とアクチュアリー(将来のリスクや不確実性の分析、評価を専門とする専門職)の野上憲一氏(設立時のライフネット生命保険副社長)の会話に全くついていけないんです。

 なぜかというと、会話では正式用語を使わずに、業界用語で話をするからです。

 たとえば、定期死亡保険のことは「テイキ」と呼びます。
 終身死亡保険は「シューシン」です。
 終身保険には終身医療保険もあり、こちらは「シューシンイリョウ」。
 ほかにも、「セキジュン」「フカピー」「ジュンピー」……。
 それぞれ、「責任準備金」「付加保険料」「純保険料」。

コメント4件コメント/レビュー

ライフネット誕生以前にもDIYという保険は必要な分だけ加入するをポリシーにする保険会社はありましたが、残念ながら大半の生命保険会社は、保険募集人の収入安定を優先するために貯蓄性の高い保険を売りたがります。貯蓄部分は要らないからその分月額保険料を下げて欲しいという家庭も決して少なくないでしょうし、保険会社が破綻したら貯蓄性保険程カット率が大きくなるといった、他の保険会社が積極的に開示しない情報をもっと開示する経営ポリシーをこれからも続けて下さい(2013/06/20)

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「掛け捨ての保険って、本当は損なんじゃないの?」の著者

岩瀬 大輔

岩瀬 大輔(いわせ・だいすけ)

ライフネット生命保険社長兼COO

1976年埼玉県生まれ。98年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ライフネット誕生以前にもDIYという保険は必要な分だけ加入するをポリシーにする保険会社はありましたが、残念ながら大半の生命保険会社は、保険募集人の収入安定を優先するために貯蓄性の高い保険を売りたがります。貯蓄部分は要らないからその分月額保険料を下げて欲しいという家庭も決して少なくないでしょうし、保険会社が破綻したら貯蓄性保険程カット率が大きくなるといった、他の保険会社が積極的に開示しない情報をもっと開示する経営ポリシーをこれからも続けて下さい(2013/06/20)

昔も今も、生保各社の社員の待遇はトップクラスだと聞きます。給与水準しかり、福利厚生や育児支援しかり。ということは、保険料の多くが社員人件費など間接費に充てられている、と考えればとても生保の勧める保険に加入しようという気になりません。利殖は株で、万一の保険は最低限の掛け捨てで、が私の選択です。(2013/06/20)

基本姿勢には賛同しますが、もっとベーシックなことを書かれてはどうか?と思いました。保険の基本は、「いざ」というときの支出に耐えられない人たちが、共同で負担をわかちあう目的ですね。つまり、支出に耐えられる財力のある人には保険は不要です。損得で言えば、例えば60人のうち、59人が損をして、1人が得をする計算になっています。こういうベーシックなことを明らかにしないと、モヤモヤした部分は晴れないままだと思いますね。(2013/06/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員