• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ミャンマーのGDP、2030年に4倍の2000億ドルにも

マッキンゼーの報告書「ミャンマーの可能性と課題」の執筆者に聞く

2013年6月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2010年秋以降、民主化に向け急速に大きく舵を切ったミャンマー。その首都ネピドーでこのほど、同国の経済発展の行方と課題を議論するため、世界経済フォーラム東アジア会議(WEF:World Economic Forum on East Asia)が開催された。そこで大きな注目を集めたのが、マッキンゼー・アンド・カンパニーが発表したミャンマーに関する135ページに及ぶリポート「Myanmar’s moment: Unique opportunities, major challenges」だ。邦訳すると「ミャンマーが今、熱い:ミャンマーならではのチャンスとその主な課題」といった感じだろうか。同レポートの共同執筆者の1人であるマッキンゼーのシニアパートナーであるエアン・ショー氏に、レポートを作成した狙いと、ミャンマーが抱えるチャンスと課題について現地で聞いた。

マッキンゼーが今回発表したミャンマーに関するレポートは、WEFの様々なセッションでも話題になりました。

エアン・ショー(Heang Chhor)氏
マッキンゼー・アンド・カンパニー シニアパートナー
カンボジア生まれ。フランスのエセック経済商科大学院大学(ESSEC)経営学修士課程修了(MBA)後、6年ほど複数の企業で経営幹部を務め、1989年にマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。主に欧州での勤務を経て、2006~2011年までマッキンゼー日本支社長を務める。現在はシンガポールに駐在し、日本と欧州及び、アジア全般の顧客企業にコンサルティングを行っている。具体的には、ハイテク、産業機械、消費財、小売りといった分野で、主に多国籍企業の経営トップを対象に成長戦略、グローバリゼーション、マーケティング・営業に関するコンサルティングサービスを提供。近年はオペレーションや組織変革などのプロジェクトにも携わっている。

ショー氏:ミャンマーに対する世界のビジネスコミュニティーの関心が急速に高まっていることが大きい。ミャンマーのアジア経済における現在の規模は0.2%に過ぎません。しかし、我々の今回の調査・分析の結果、この国のGDP(国内総生産)は2030年までに現在の4倍の2000億ドル(約19兆円)にまで拡大し得ることが判明しました。もちろん、達成するための条件は多くあります。

マッキンゼーがなぜ今、この調査レポートをまとめたのか、まずそこからお聞かせください。報告書には4カ月を投じて作成したとあります。

ショー氏:マッキンゼーは、マッキンゼー・グローバル・インスティチュート(MGI)というシンクタンクを抱えており、欧州経済やアフリカの経済成長など毎年、世界のビジネスコミュニティーにとって重要だと思われるテーマを12~15本取り上げ、調査プロジェクトを実施しています。

マッキンゼーがこのほど発表したミャンマーの潜在的経済成長力とその課題についてまとめた135ページに及ぶレポート

 先も言ったように、ミャンマーはこの1~2年、世界の注目を集めてきました。特に経済界の人たちの間では、ミャンマーに将来どんなチャンスがあるのか、様々な疑問が浮上しています。昨年、ミャンマーについて事実に基づいた展望を提供することに意味があるのではないかという話が浮上し、今年1月に調査に着手したのです。約4カ月、5~6人のスタッフを調査のために現地に派遣しました。

ミャンマー国内だけで150近い取材を実施

レポートを読むと、政府関係者、議員、経済界など相当数の取材をミャンマーで行っています。事前にミャンマー政府の協力を得て、調査を行ったのでしょうか。

コメント0

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「ミャンマーのGDP、2030年に4倍の2000億ドルにも」の著者

石黒 千賀子

石黒 千賀子(いしぐろ・ちかこ)

日経ビジネス編集委員

日経BPに入社後、英LSEに留学し修士取得。日経ビジネス、日経ナショナルジオグラフィック、日経ベンチャーを経て、2003年日経ビジネスに編集委員として戻る。主に、本誌の「世界鳥瞰」の欄を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック