• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

社長は単純でピュアがいい

第1回 金井政明・良品計画社長(上)

2013年7月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本人らしい、地に足の付いたリーダーシップで、会社を成長発展させている経営者には、何か共通点があるのではないか――。「現場力」の重要性を唱え、企業戦略やマネジメントに精通する遠藤功・早稲田大学ビジネススクール教授(ローランドベルガー会長)が、いま注目の日本人リーダーに迫る。

 対談の1人目は、良品計画の金井政明社長。「無印良品(MUJI)」を展開する同社はこのところ好業績を続け、前期は最高益を更新した。中国などへの海外展開も加速中だ。

遠藤 功(えんどう・いさお)
早稲田大学ビジネススクール教授。ローランド・ベルガー日本法人会長。1979年早稲田大学商学部卒業、三菱電機入社。米系戦略コンサルティング会社を経て、2000年ローランド・ベルガー社長。米ボストンカレッジでMBA(経営学修士)を取得。『現場力を鍛える』(東洋経済新報社)、『見える化』(同)『ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門』(日経BP社)など著書多数。(写真:大槻 純一)

遠藤:経営者のリーダーシップというと、ジャック・ウェルチはこうしたとか、スティーブ・ジョブズはこうだったとか、海外のリーダーが借り物として入ってくるばかりです。そういう事例も参考になりますが、本当に日本人に合うリーダー像かというと、今ひとつピンとこない。

 あるいは、日本で名前が挙がるリーダーというと、孫正義さんとか、柳井正さんとか、だいたい決まっている。彼らは素晴らしいカリスマだと思うけれど、じゃあ、日本であんな人たちが次々と生まれてくるかというと、現実的じゃない。

 金井さんは、良品計画の原点とも言える思想を守りながら、経営と現場の距離が近いマネジメントを実践されていますね。



すごい思想がある会社だから僕でも社長ができる

金井:私が社長をできるのは、良品計画には「無印良品」というすごい考え方があるからです(※1)。すごい思想を抱えています。

 それはどういう思想かというと、実用性の高い日用品だけでなく、上質でこだわりのある手頃な価格の商品も含めて「感じ良い暮らし」を「リーズナブルに」というご提案をすること。まさしく、理性的な満足感を持っていただける商品を通じて、生活の基本と普遍を示し続けるということです。

 「自然と。」「無名で。」「シンプルに。」「地球大。」です。私は、この思想を皆さんが理解して、探求心を持って楽しむことしか、良品計画という会社が成功する道はないと思っています。

(※1)「無印良品」は西友のプライベートブランドとして1980年に誕生した。セゾングループを率いる堤清二氏が主導し、デザイナーの田中一光氏がチーフアドバイザーになり、構想が練られた。当初のキャッチフレーズは「わけあって、安い」。商品開発の基本は、生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくること。1989年に「無印良品」の事業を手がける良品計画が西友から独立した。

コメント5件コメント/レビュー

「思想がカリスマになる。」すごい!この考え方はアップルのジョブスにも通じているように思える。彼はカリスマになってしまったが,求めたのは「思想」の実現だったと思う。日本に足りないものの一つのような気がする。 <「これがいい」じゃなくて、「これでいい」> この言葉の意味がいま一つわからない。しかし,これも突き詰めるという意味でのひとつの方向性を示しているように感じる。チジミ指向の考え方がはびこっている日本。事なかれ主義,減点されないためのつまらない「デザイン」。すべて日本の病巣だ。「メイド・イン・ジャパン」というブランドにはそんな突き詰めた「こだわり」?いや研ぎ澄まされた何かがあったように思う。続きが楽しみである。(2013/07/13)

オススメ情報

「遠藤功の「超」現場力対談」のバックナンバー

一覧

「社長は単純でピュアがいい」の著者

遠藤 功

遠藤 功(えんどう・いさお)

早稲田大学ビジネススクール教授

ローランド・ベルガー日本法人会長。1956年生まれ。79年早稲田大学商学部卒業、三菱電機入社。米系戦略コンサルティング会社を経て、2000年ローランド・ベルガー社長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「思想がカリスマになる。」すごい!この考え方はアップルのジョブスにも通じているように思える。彼はカリスマになってしまったが,求めたのは「思想」の実現だったと思う。日本に足りないものの一つのような気がする。 <「これがいい」じゃなくて、「これでいい」> この言葉の意味がいま一つわからない。しかし,これも突き詰めるという意味でのひとつの方向性を示しているように感じる。チジミ指向の考え方がはびこっている日本。事なかれ主義,減点されないためのつまらない「デザイン」。すべて日本の病巣だ。「メイド・イン・ジャパン」というブランドにはそんな突き詰めた「こだわり」?いや研ぎ澄まされた何かがあったように思う。続きが楽しみである。(2013/07/13)

社長が純粋でピュアがいい。確かにそう思う。芯があって下手な考え休むに似たり。中途半端が良くない。そして本末転倒を起こさない原点に戻って考える事が出来る人。そして、であるからこそ、周囲が現実とのすり合わせを頑張って上手くいくということか?最後のデザインの話は見た目のデザインばかり重視される風潮が嫌いです。質実剛健ではないが、合理性という理由あるデザインがもっと考慮されて欲しい。しかし、トヨタが機能性を徹底的に追及とはとても思えません。機能性よりコスト低減と一部顧客要望と見た目の重要度が強めでバランスを崩している感じがします。(2013/07/11)

小生もMUJI愛用者の1人です。極めて日本的な経営論です。シンプルにシンプルに、日本人の最高の感覚である、洗練、単純別名「わびさび」でしょう。利休が秀吉に見せた一輪の朝顔、芭蕉の五七五、安藤の「住吉の長屋」。MUJIにはそれを感じます。削いで削いで必要なものだけを残し、そこに機能美を見出す。世阿弥の「秘すれば花」の心もそうでしょうか?その本質を商品として提供する。この日本人にしか感じ得ない心(Dキーン)をどうアジア、欧米の多くの人たちに伝えていくかが経営者としての仕事になるでしょう。日本の企業経営者ももっと世界に羽ばたくためにも、もう一度日本の心を検証すべきではないでしょうか?MBAもいいけど、茶道、華道、能、禅等をも学んだほうがいいかもしれません。(2013/07/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授