• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「イクメン議長」、2度目の挑戦

働き方を変えて育休取得へ、議会にもワークライフバランスを

2013年7月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「選挙で選ばれてるんだから休むな」と遠距離の電話

土日も当然のように公務が入っているわけですが、そもそも議員の方の休暇とは、議会などがない時にそれなりに調整して休むということになるんですか。法律上はたぶん休日とかは決まっていないんですよね。

戸枝:そうなんです。我々、特別職には勤務の規定がないんです。極端な話、いつ働こうがいつ休もうが各自の責任の範囲でやってくださいということです。

つまり、休暇を取ったからといってその分の報酬を返納するとかいう規定もないのですね。

戸枝:規定はありませんし、欠席などを理由として報酬を返納すると、公職選挙法で禁じている寄付行為に該当してしまうんです。ですから、育休を取った分の報酬を返しますというのは難しいんです。

 なぜ報酬の返納や寄付行為が法律で禁止されているかというと、選挙での人気取りを防ぐためなんです。私は安い報酬で働きますとか、無報酬で働きますとか。あるいはこれから立候補しようという人が、私は自治体にこんなに寄付をしていますとかアピールするのは望ましくない。こういう法の趣旨がありますので、法律を改正して報酬返納ありの育休制度を可能にするというのは難しいでしょうね。ですからあくまで現在の枠組みの中で何とか工夫して、仕事の質を高めることによって休みの時間をひねり出す。そうして定義はされていませんが「育休」を取るというのを自分の基本的な姿勢にしています。

前回、2010年に(第一子誕生で)育休を取得された時もあったと思うのですが、男性議員が育休を取ることについて、まだ否定的な意見もありますね。

戸枝:今回も賛否両論はあります。ただ肌感覚としては、前回よりも世の中が寛容な雰囲気になりつつあるかなという印象ですね。実際の世の中の育休取得率では、男性は確かまだ3%弱しかなくて、女性に比べれば本当に少しずつ匍匐前進で進んでるという感じですが。

 否定的なご意見というのはほぼ2通りあって、1つは選挙で自分たちが選んだんだから、報酬は税金から出ているんだから休まずに働けというご意見。もう1つは世代的な価値観だと思いますが、男は外で働くものだから育児は奥さんに任せなさいというご意見ですね。

それは区民の方からですか。

戸枝:区民の方からも、区外の方からもありますね。電話やメールなどでご意見をいただくんですが、電話だと着信番号が表示されるので、ずいぶん遠方からお電話いただいているんだなと思うことがあります。お声から想像するに壮年以上の男性の方ですね。

そういう方にはどのように説明されるんですか。

戸枝:基本的には議会の運営に支障ない範囲でお休みをいただくという説明をして、男性が育児休暇を取りにくい社会的な雰囲気を変えたいという主旨なのでご理解を賜りたいと。それでもやはり、「それはそれで分かるけど、選挙で選ばれてるんだから休むってのはどうなんだ」とおっしゃって、なかなか話がかみ合わないですね。ただ前回に比べると件数はずっと少ないですし、逆に励ましの声が多いように感じます。

コメント3件コメント/レビュー

全面的に議長の育休取得を応援します。選挙で選ばれたのだから働けというのは、人を束ねる管理職だから働けとか、国民に奉仕する公務員なのだから働けなどと飛躍していきそうで、公的職業の人に子育てをさせない圧力を感じます。もしこの議長が女性だったらどうするのでしょうか?よく思うけど、育児「休」業という名前だけれど、実際は働いているときよりも休み無しなんですよね。(2013/07/04)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「イクメン議長」、2度目の挑戦」の著者

秋山 知子

秋山 知子(あきやま・ともこ)

日経ビジネス副編集長

1986年日経BP社入社。日経コンピュータ、日経情報ストラテジー、日経アドバンテージ、リアルシンプル・ジャパンの編集を担当。2006年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全面的に議長の育休取得を応援します。選挙で選ばれたのだから働けというのは、人を束ねる管理職だから働けとか、国民に奉仕する公務員なのだから働けなどと飛躍していきそうで、公的職業の人に子育てをさせない圧力を感じます。もしこの議長が女性だったらどうするのでしょうか?よく思うけど、育児「休」業という名前だけれど、実際は働いているときよりも休み無しなんですよね。(2013/07/04)

結局、男性に限らず育児休暇が取りにくいのは、この議長さんのような「細切れ」の休暇が認められていないからではないでしょうか?一般的な育児休暇は、無給で○月○日~6ヶ月! 1日たりとも変更不可!ではないでしょうか?こんな休暇取れるわけがないし、暗に取るなと言ってるようなものです。 この議長さんがやったように、「○月○日~6ヶ月間は有給以外に最大○日の休暇(無給)を与える」という形の休暇ならば、労使双方とも使いやすい形になり、結果的に育児休暇取得率が増えるのではないでしょうか? by 育児休暇をあきらめた1児のパパ(2013/07/04)

趣旨には賛同しますが、本来ボトムアップで育まれる社会が望ましい事柄と感じます。自身が身を持ってアピールするのも一助とはなりましょうが、行政サイドの方にはシステムの改善を何より目指される事を望みます。これでは自己満足とまでは思いませんが。ついでながら、喫緊の課題としては既に始まっている団塊世代の介護もそのボリュームから言って多様な論を望みます。渦中にある者の一人として。(2013/07/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者