• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

10時間目 人の死でもうける金融商品ってあり?

「ハーバード白熱教室」のサンデル教授の解説とは

2013年8月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

<ゼミのメンバー>
小川先生:43歳、市民との対話をこよなく愛する哲学者。
兼賀大治:56歳、お金が一番大事だと思っている投資が趣味のサラリーマン。
大飯奈弥美:30歳、消費と貯蓄の間で揺れる独身のキャリアウーマン
新実三郎:35歳、知的で現実主義的なビジネスマン。

兼賀:大飯さん、なんだかリフレッシュした感じだね。

大飯:わかります? 夏休みにアメリカのシアトルに行ってきたんです。

小川:シアトルの“東京スカイツリー”、スペースニードルには上りましたか? あそこからはシアトルの街が一望できるので、すごく並ぶでしょ。

大飯:上りましたけど、全然並んでません。お金払って優先入場しちゃいました。

兼賀:え、そんなのあるの? さすがアメリカだな。

新実:アメリカはお金さえ出せば、なんでも買える国ですよ。

優先入場の権利と精子を売るのは同じ!?

小川:ほかにもありますよね。たとえば、商業精子バンクや商業代理母なども有名です。

大飯:体の一部まで市場で売買できるというのは、ちょっとやりすぎのような。

小川:優先入場の権利とどこが違うんでしょうか?

大飯:優先入場というのは、待つという行為とお金を交換することです。それに対して商業精子バンクというのは、体の一部とお金を交換しているわけでしょ。だから…。

新実:待つという行為は体で行うことだよね。つまり、体が疲れないように、本来体がやるべきことをやらなくていい権利をお金で買った。それって体の一部とお金を交換したともとれるんじゃない?

大飯:そこまでいえばそうかもしれないけど、何か違うような気がするわ。

新実:僕にいわせればどっちもよくないな。

小川:どうしてですか?

新実:どっちもフェアじゃないような気がします。お金がある人ほど得をするわけですから。

兼賀:私はどっちも問題ないような気がするな。それが資本主義だよ。違法行為なら別だけど。

小川:これは面白いですね。優先入場の権利と商業精子バンクをめぐっては、3人とも意見が別で、3つの立場があるわけですね。そしてこれらを否定する新実さんと大飯さんとでは、各々根拠が異なる。新実さんはフェアかどうか、大飯さんは体にかかわるかどうかを基準にされています。

新実:これは「日経マネー」(2013年10月号)で先生が紹介されていた、ハーバード大学のマイケル・サンデル教授による市場主義の限界の議論ですよね。

小川:その通りです。ここでサンデルの議論を確認しておきましょう。

コメント0

「元フリーター小川仁志の「お金の哲学」熱血ゼミ編」のバックナンバー

一覧

「10時間目 人の死でもうける金融商品ってあり?」の著者

小川 仁志

小川 仁志(おがわ・ひとし)

徳山工業高等専門学校准教授

台湾の民主化運動に啓発され、伊藤忠商事を退社し、アルバイト生活をしながら司法試験を目指す。その後、名古屋市役所に勤務、哲学を目指すため社会人大学院に通い、博士号を取得。2007年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)