• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ドラッカーがマーケティングに関連して指摘した「誠実さ」の含意

巨人の言説をまとめた一番弟子、ウィリアム・コーエン氏に聞く(下)

2013年9月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「マネジメント」の発明者とも称される経営学の泰斗、ピーター・ドラッカー氏。20世紀を代表するこの思想家はマーケティングに関する著作は残していないが、ほかの著書や論文などでは頻繁に論述していた。

 その言説をドラッカー氏の一番弟子、ウィリアム・コーエン氏が収集し、一冊の著書『ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰(原題:Drucker on Marketing)』にまとめた。そのコーエン氏に、シリコンバレー在住のフリージャーナリスト瀧口範子氏がインタビュー。コーエン氏が著書で改めて世に提示したドラッカー氏の卓見について聞いた。最終回の今回は、難解なドラッカーの発言の真意についての解説を紹介する。

前回から読む)

ドラッカーの視点のユニークさについても、項目を挙げて解説しています。その1つが、「マーケティングには誠実さが不可欠である」という点です。
 今日では企業倫理が声高に叫ばれていますが、ある部分は宣伝やブランドのアピールのためのようにも見えます。ドラッカーが指摘した誠実さとは、何だったのでしょうか。

ピーター・F・ドラッカー(Peter F. Drucker)
 1909年オーストリア・ウィーン生まれ。31年独フランクフルト大学で法学博士号取得。33年英国に渡り、保険会社、銀行に勤務。37年英国の新聞特派員、投資信託顧問として米国に移住。43年から44年にかけて米ゼネラル・モーターズ(GM)の経営方針や組織構造を調査してまとめた『会社という概念』を46年に出版し、ベストセラーに。50年から71年まで米ニューヨーク大学教授。59年初めて訪日し企業や工場を視察。71年米クレアモント大学経営大学院教授。2005年11月11日、95歳で永眠(以上、日本経済新聞出版社刊『知の巨人 ドラッカー自伝 (日経ビジネス人文庫)』から引用)。『マネジメント』『ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる』など30冊以上の本を著した(写真:林 幸一郎)

コーエン:高い倫理観を持てば、自分自身に確信を持つことができ、そのように行動するようになるという意味です。実は、私にはこれを痛感するような体験があります。

 空軍に入りたてでまだ若い少尉だった頃に、B52の爆撃ナビゲーターとして訓練を受けていた時のことです。当時は冷戦時代で、何かあれば旧ソ連に向かって飛び立てるよう常に警戒状態にありました。シミュレーターを使った訓練では命中度が採点され、それが昇進まで左右していました。

 そして、ある時、上官2人がこの訓練をごまかすように指示したのです。私はベトナムや中東へ戦闘機で飛び、命をかけるような体験をしていますが、この指示を受けた時ほど最悪の気分を味わったことはありません。

 ウエストポイント陸軍士官学校では、「どんな状況でも嘘をつくな、ごまかすな、盗むな」と教育されました。ところが第2次世界大戦や朝鮮戦争を戦い抜いてきた上官たちが不正行為を指示したのです。

コメント0

「ドラッカーが説いたマーケティングの神髄」のバックナンバー

一覧

「ドラッカーがマーケティングに関連して指摘した「誠実さ」の含意」の著者

瀧口 範子

瀧口 範子(たきぐち・のりこ)

ジャーナリスト

シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、社会、文化、時事問題、建築、デザインなどを幅広く日本のメディアに寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官