• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

五輪もフェンシングも料理も「結果よければ全て良し」!

フェンシング選手 オリンピック招致最終プレゼンターの太田雄貴さん(その2)

2013年9月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

高島:2020年の東京オリンピック開催決定、おめでとうございます! 太田さんが精力的に活動しているのを見ていたので、本当に嬉しいです(実は、この対談、太田さんがブエノスアイレスに旅立つ前日に行われております)。

太田:ありがとうございます、本当に嬉しいです……って、今まだ8月じゃないっすか(笑)。決定は日本時間の9月8日朝ですけど。

高島:いやあ、もう、太田さんが9月7日にブエノスアイレスで行う最終プレゼンの力で決まりじゃないですか。

太田:そうなるといいと思っています。

高島:ここでリハーサルしてもいいですよ。

太田 雄貴(おおた・ゆうき)
1985年11月25日生まれ。滋賀県出身。身長171センチ。同志社大学卒業。小学校3年生からフェンシングを始め、小・中ともに全国大会制覇。平安高校時代には史上初のインターハイ3連覇を達成。高校2年の時に出場した全日本選手権では史上最年少優勝を記録する。2004年アテネ五輪9位。2006年アジア大会では、フェンシング男子フルーレ個人で28年ぶりとなる優勝。2008年の北京五輪では、日本人初の銀メダルに輝く。北京五輪後の所属先がなく「ニート剣士」と呼ばれ話題になるが、その後、森永製菓に入社が決定。公式ブログはこちら。(写真:大槻 純一 以下同)

太田:当日まで秘密です(笑)。明日、ブエノスアイレスに発つんですが、当日の様子は中継されると思うので、ぜひ見てください。

高島:楽しみにしています。この対談が日経ビジネスオンラインに載る頃には、太田さんのスピーチ、ウェブやYoutubeで見放題になっているでしょう。

 前回は食の話を聞きそびれたので、今回は食の話も交えてお話を伺わせてください。太田さんと最初にお会いしたのはロンドンオリンピックのあった、1年前の太田さんの誕生日会でしたね。

太田:そうでしたね。

高島:それで「おお、高島君、君、野菜やってるのか。面白いなあ」とお声がけいただいて(笑)。

太田:そんな言い方、センパイにするわけないじゃないですかっ。すぐこうなんだから(笑)。

高島:それからのお付き合いですね。太田さんは僕の回りの起業家の方たちとのおつきあいも多いですけれど、だいたいいつも最年少なんですが、とにかく人当たりはいいわ、頭はいいわで、あっという間に皆太田ファンになってしまう。で、いつのまにか2020年の東京へのオリンピック・パラリンピック招致のメンバーに。さぞやお忙しいと思うのですが、独り者の太田さん、ご飯、いつもどうされています? 自炊とかは……。

太田:皆無。ゼロです(笑)。

最後においしければそれでいい

高島:即答ですね。

太田:料理は大好きだし、自分でいうのも何なんですが、得意です。ただね、僕の料理は「最終的においしければいい」というゴールのみを目指す料理なので、料理のプロセスはけっこういい加減なんですよ。世の奥様方が見たら「おいおい」と眉をしかめるかもしれません。野菜を切るときも、包丁はいっさい使わずピーラー頼みだったり。仕事=フェンシングで使う手を切りたくないですし。

高島:そうそう、アスリートですからね。

太田:あとね、これは料理に限らないんですが、……片付けが嫌い。

高島 宏平(たかしま・こうへい)
オイシックス社長。神奈川県生まれ、東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻修了後、外資系経営コンサルティング会社のマッキンゼー東京支社に入社。2000年5月に退社、2000年6月に「一般のご家庭での豊かな食生活の実現」を目指しオイシックスを設立、代表取締役社長に就任。

高島:料理は好きだけど、片付けが嫌い。典型的な「男の料理」だ(笑)

太田:恥ずかしながら(笑)。となるとですね、自分一人のために料理を作るかどうかと天秤にかけると……作らないんです。

高島:そのうえで、食にはめちゃくちゃうるさいですよね。

太田:うるさいですね。

高島:この対談では、道を究めた人が、どんな食事をとったら道を究めることができたのか、食と人生をむりやり結びつけて聞いているのですが、太田さんの場合、本当にグルメなので、今日の対談、気をつけないと「メダリスト太田雄貴のグルメ旅」になっちゃうかも。

太田:(笑)

高島:でも、やっぱり、太田さんのグルメ情報、ひとつ、訊いちゃいましょう。たしか、すっごくお気に入りのうどん屋さんが関西にある、って力説されていましたよね。

コメント0

「賢者の食卓」のバックナンバー

一覧

「五輪もフェンシングも料理も「結果よければ全て良し」!」の著者

高島 宏平

高島 宏平(たかしま・こうへい)

オイシックスCEO

神奈川県生まれ、東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻修了後、外資系経営コンサルティング会社のマッキンゼー東京支社に入社。2000年6月にオイシックスを設立し同社代表取締役CEOに就任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長