• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「部屋の壁紙」だけで年商15億円

「壁は白」の常識を覆す、WALPA濱本廣一氏に聞く

2013年9月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 まずは、下の写真をご覧いただきたい。

無機質な白い壁を変えると、欧米の一室のような雰囲気に
部屋の一角を寄木細工のような壁紙でコーディネート
巨大な鯨が描かれた子供部屋
普通のチェストが、味わいのあるアンティーク調に

 壁紙を変えるだけで、モノや空間の印象は大きく変わる。その大半が業者ではなく、「普通の消費者」が壁紙を購入し、自分自身で張っている。壁紙を自由に張り替えて、理想の空間を作る--。感度の高い30代女性を中心に、静かなブームが広がりつつある。
 仕掛けているのは、1年前に国内初の輸入壁紙専門店「WALPA STORE(ワルパストア)東京」を開店したフィルの濱本廣一社長。

WALPA STORE東京の様子

 店内には1万種類以上の壁紙を用意し、購入した壁紙の張り方まで指南する。自分で部屋を自由に装飾できるという目新しさと、誰でも張れるようになる講習が話題を呼び、口コミで人気が広がった。2年前まで、ほぼ無名に近かったが、おりからのリノベーションブームに乗って急成長。年商は15億円を誇り、前年比60%で伸びている。店舗は東京のほか大阪、名古屋、福岡と4店舗を構え、事業展開を着実に広げている。濱本氏が仕掛けた「壁紙革命」は賃貸マンションのオーナーやデベロッパーも動かし、「自由に壁紙を張り替えられる」ことを売りにした賃貸物件が急増している。
 壁は白という常識を覆し、消費者の見えないニーズを掘り起こした濱本氏に、新市場開拓の極意を聞いた。

(聞き手は蛯谷 敏)

コメント2

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「部屋の壁紙」だけで年商15億円」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員