• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国で巻き起こせ「日式」教育改革

70歳の日本人教授が挑む

2013年10月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

  広東省にある3年制の大学、肇慶科技職業技術学院。ここで教鞭を振るう1人の日本人がいる。70歳という年齢にして異国の地で新しい挑戦を続ける小野利雄教授だ。日中関係が厳しい中でも、学生に日本のよさを訴え続け、その多くを日系企業へ送り込もうとしている。10月12日、同学院で日系企業と学生を集めた大規模な就職面談会を開く。今、「中国の学生は日系企業に入りたがっている」と言うが、本当なのだろうか。

(聞き手は宮澤 徹)

日系企業と中国人学生の大規模な面談会を開くそうですが、日中関係が微妙な時期だけに人集めに苦労したのでは。

小野 利雄(おの・としお)
1943年大阪生まれ。ミサワホーム勤務を経て1980年ダイヤシステムハウジング岡山一級建築事務所設立、2002年に一念発起して中国にわたり、介護福祉研修事業などを展開。2012年2月から現職。

小野:10月12日に私の勤めている肇慶科技職業技術学院で開きます。トヨタ自動車グループやホンダグループ、パナソニック、イオンなど約100社の日系企業が合計約650人の学生を募集します。これに対して、学院の4200~4300人の学生のうち1500人程度が参加する見通しです。昨年までは小規模な面談会を散発的にやってきました。これだけ大規模に実施するのは初めてです。

 懸念されている日中関係については、確かに影響はありました。昨年は、学院の日本語学科への入学者が通常より3割程度減ったり、日系企業への就職希望者も減ったりしました。ですが、現時点では、影響はほとんど薄れたと見ています。

日系企業は中国であまり人気がないとも言われています。

小野:それは先入観と言っていいでしょう。学生に聞いてみると、日系企業について、経営が安定しており、一度入社するとそう簡単にはクビにならないといった印象を、多くの人が抱いています。

 最近はそれに加えて、中国人でも幹部になる道が開けてきたという評価もよく聞きます。確かに、以前ならば、現地法人のトップを始め、幹部は日本人で占められる日系企業が多かった。ですが、最近は管理職に中国人を積極的に就かせる企業も増えてきました。こうした変化を、学生たちは敏感に感じ取っています。

コメント5件コメント/レビュー

人間性を重んじる日式の良い点を是非、取り込んで欲しいですね。一方、私が中国勤務で感じたのは、幹部として日本から送り込まれる管理職の質です。日本で担当職が現地で安易に管理職にされている。過去、海外赴任が欧米中心の時代には、英語が話せて、或る程度のレベルの人材を選別し、しかも赴任前には教育も施して来ていた。ところが、中国初め、アジア圏の場合、多くの企業は、現地の言語はおろか、赴任者の管理者としての教育も疎かなまま赴任させてしまうケースが多いように感じます。中国現地人の教育と共に、日本側の姿勢が非常に重要と感じています。(2013/10/02)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「中国で巻き起こせ「日式」教育改革」の著者

宮澤 徹

宮澤 徹(みやざわ・とおる)

日経ビジネス副編集長

日本経済新聞社産業部、中国総局、重慶支局長、2012年秋日経ビジネス副編集長。製造業とアジア担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人間性を重んじる日式の良い点を是非、取り込んで欲しいですね。一方、私が中国勤務で感じたのは、幹部として日本から送り込まれる管理職の質です。日本で担当職が現地で安易に管理職にされている。過去、海外赴任が欧米中心の時代には、英語が話せて、或る程度のレベルの人材を選別し、しかも赴任前には教育も施して来ていた。ところが、中国初め、アジア圏の場合、多くの企業は、現地の言語はおろか、赴任者の管理者としての教育も疎かなまま赴任させてしまうケースが多いように感じます。中国現地人の教育と共に、日本側の姿勢が非常に重要と感じています。(2013/10/02)

すごく細かいことですが、「日系企業に送り込む」と聞くと何かスパイのように感じられるような…「送り出す」でいいんじゃないですかね、どうでしょう。記事中では「送り出す」になっていますが。(2013/10/02)

掃除については、外注ではなく自分自身が行うことで、結果的に報酬として戻ってくるのが明白な人事制度にすれば、金にシビアな中国人は単純明快に受け入れてもらえると思いますよ。日本企業に就職したいなら遅刻は論外。電車の遅れなど正当な理由があっても、周囲に迷惑をかけてすみませんと平謝りする位の度量がなくては、受け入れられないでしょう。謝らない文化の中国では考え方を切り替えるのも難しいのかもしれませんが、日本は反省の色を見せれば、少しは様子を見ようと寛大な判断をする労務管理事情。文化の違いと割り切って臨機応変に切り替えができない方は、他の社員の方との衝突のデメリットの方が多く、受け入れるメリットがありません。(2013/10/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長