• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米デフォルトへの備えは不可能

桂畑誠治・第一生命経済研究所主任エコノミストに聞く

2013年10月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米財政問題を巡る政府と議会の対立が解けず、債務上限の引き上げに向けた交渉期限が刻々と迫っている。米国債が史上初のデフォルト(債務不履行)に陥ったら何が起きるのか。桂畑誠治・第一生命経済研究所主任エコノミストは「危機に備えることは事実上、不可能だ」と指摘する。

(聞き手は渡辺康仁)

米国の与野党対立で政府機関の一部が閉鎖されました。債務の上限引き上げを巡る対立も解消されていません。影響をどう見ていますか。

桂畑 誠治 (かつらはた・せいじ)氏
第一生命経済研究所経済調査部主任エコノミスト。1992年日本総合研究所入社、1995年 日本経済研究センターへ1年間出向。1999年丸三証券入社、日本、米国、欧州、新興国経済・金融市場などを担当。2001年6月から現職。担当は米国経済・金融市場・海外経済総括。この間、欧州、新興国経済を兼務。著書に「資源クライシス」(日本実業出版社、2012)。(撮影:桑原克典)

桂畑:民主、共和両党の対立は根深いものがあります。共和党は仮に医療保険改革法(オバマケア)を実行したとしても歳出削減を求めるでしょうし、富裕層への増税は一切反対という主張も変えていません。一方で民主党は歳出削減はせずに増税で財政を均衡させていく主張をしています。

 交渉の結果、1年間のまとまった予算を策定することは難しいかもしれません。暫定予算を繰り返す悪いシナリオの可能性が少し高いのではないかと見ています。1カ月くらいの暫定予算になると、また政府機関の閉鎖に追い込まれる可能性もある。政府機関の閉鎖が続けば1週間でGDP(国内総生産)を0.1%程度押し下げる圧力になります。

仮に債務の上限を引き上げられないと、どんな事態になりますか。

桂畑:すべてのお金を米国債の利払いに充てれば何とかなる可能性もありますが、それはしないと米政府の人は言っています。つまり、デフォルト(債務不履行)のリスクが高まるということです。デフォルトになれば、米国債売りの圧力が世界的に強まるため、長期金利暴騰、株暴落などで米国経済は大混乱に陥るでしょう。世界経済も大混乱です。リーマンショックを上回るグローバル・リセッションが避けられません。

 この危機に事前に備えることは事実上、不可能です。市場が混乱に見舞われている時に量的緩和をしてもその効果は極めて限定的です。財政に余力がある国は景気刺激策を打ち出すでしょうが、リーマンショックの時と比べると各国とも財政の余裕を失っています。

 2011年にも債務の上限問題で金融市場が混乱したという経験をしていますが、中間選挙で議会のメンバーが入れ替わっているので、当時のリスクを忘れてしまっていたら怖いなと思います。

瀬戸際の決着になるのでしょうか。

桂畑:政府機関の閉鎖は大きなマイナスの影響はないということで今回の事態に至ったのでしょう。しかし、債務上限はさすがに大きな問題になると認識されていると思います。期限ぎりぎりになるかもしれませんが、最終的に上限引き上げは合意されると見ています。

コメント0

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「米デフォルトへの備えは不可能」の著者

渡辺 康仁

渡辺 康仁(わたなべ・やすひと)

日経ビジネス副編集長

1994年日本経済新聞社に入社。2002年から2004年まで日経ビジネス記者。日経新聞に戻り、編集局経済部などを経て2013年から日経ビジネス副編集長。アベノミクスの行方に関心を持つ。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長