• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の大学が世界ランキングで低迷するワケ

「アベノミクス」を国際評価向上に生かせ

2013年10月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネスは10月14日号で、特集「世界のトップ大学」を掲載した。その中で、東京大学をはじめとする日本の大学の国際的評価を測る基準として、2つの世界大学ランキングのデータを引用している。1つは、英調査会社クアクアレリ・シモンズ(QS)によるものと、もう1つは英出版社タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)によるものだ。いずれも、世界的に知られている大学ランキングである。

 政府は、「今後10年間で世界大学ランキングのトップ100に日本の大学を10校入れる」ことを目標に掲げている。では、現在、日本の大学はトップ100にどれくらい入っているのか、QSとTHEの最新ランキングで見てみよう。

 上の順位を見てもらえばおわかりになると思うが、日本の大学の実力は米英の大学と比べると見劣りする。QSのランキングでは、トップ100に入ったのは6大学。その中で最高位にある東京大学は、2007年の17位から毎年順位を下げ続けてついに32位まで落ちた。しかも、シンガポール国立大学や香港大学というアジアの新興勢力に数年前に抜かれてしまっている。

 一方のTHEでは、トップ100位圏内の日本の大学は東大と京都大学の2校のみ。東大の順位は昨年の27位から改善して23位に上昇したが、米英のトップ大学との差が依然として大きいことは変わらない。

 もちろん、これらのランキングはあくまでも相対評価であるため、大学そのものの「質」が悪化していると判断するのは早計である。だが、「相対的に」であれ、国際的な評価が低迷していることは、グローバル競争を戦う上で日本が不利な立場になり始めていると考えてよいだろう。

コメント19

「世界のトップ大学」のバックナンバー

一覧

「日本の大学が世界ランキングで低迷するワケ」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長