• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者1000人調査、大卒の4割が「勉強しなかった」

親の約75%が「子供を留学させたい」

2013年10月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本誌10月14日号の特集「世界のトップ大学」では、日経ビジネスオンライン(NBO)の読者に対して、大学を卒業したことが社会に出て役に立ったかどうかや、子供の大学進学に関する意向などについてアンケートを実施した。今回は、その結果の一部を紹介したい。

 アンケートには1185人が回答。そのうち、日本の大学が最終学歴である人の割合が58%、日本の大学院が32.9%、海外の大学が1.4%、海外の大学院が4.6%となった。また、職業は製造業が30.8%で最も多く、教育・研究機関が16.1%と続いた(詳細は調査概要を参照)。

 まず、最終学歴が日本の大学という回答者について、「在学中にどの程度勉強したか」を調べた。その結果、「あまり勉強しなかった」(32.2%)、「全く勉強をしなかった」(9.2%)と答えた人の割合が合計で4割を超えた。

どれくらい勉強したか(%、回答者=日本の大学卒)

 一方、海外の大学を卒業した回答者では、「あまり勉強しなかった」、「全く勉強しなかった」の合計が1割強に過ぎない。最終学歴が海外の大学という回答者の数は17人と少なく、必ずしも厳密な比較はできない。それでも、「日本の大学生は勉強をしない」と言われている実態が改めて浮き彫りになったとも言えそうだ。

 アンケートでは、設問の最後に大学に対する要望や不満について、自由に記入できる解答欄を用意した。そこでも、この点について懸念する声が多数寄せられた。40代の男性は、「いまだに予習なしに授業に臨めるような大学が存在することに驚く。私はいわゆる有名私大の卒業であるが、自分の子供を行かせようとは思わない」と憤っていた。また別の40代の男性は、「自分が日本の大学で何を勉強したのだろう、とつくづく考えさせられる。子供には、ぜひ大学で勉強してほしい」と言う。

 「勉強しなかった」という後悔から、子供が大学に進学する際には自らの過ちを繰り返してほしくないと願う親が少なからずいるようだ。その一方で、「私が入学したのは大学がレジャーランドと言われた時代の終わり。勉強しないことがよいとは思わないが、勉強だけでは学べない人としての基礎力、教養を手に入れることができたと考えている」(40代の男性)と、「遊び」のメリットを強調する意見もあった。

コメント0

「世界のトップ大学」のバックナンバー

一覧

「読者1000人調査、大卒の4割が「勉強しなかった」」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官