• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本人はなぜ日本のことを知りたがっているのか

作家・旧皇族の竹田恒泰氏に聞く「日本ブーム」の背景

2013年10月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

敗戦から68年、東日本大震災を経て時ならぬ「日本人による日本ブーム」が起きている。日本人は自分たちの何を知ろうとしているのか。歴史をたどれば見えてくる日本の強みを、旧皇族で作家の竹田恒泰氏に聞いた。

この10月、伊勢神宮で式年遷宮の遷御の儀が執り行われました。今年は、伊勢神宮と出雲大社の遷宮が初めて同じ年に行われたという事情もあったのでしょうが、関心を持つ人が非常に多かったという印象です。前回の式年遷宮は1993年でしたが、これほど話題にならなかった記憶があります。

竹田 恒泰(たけだ・つねやす)氏
1975年生まれ。明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学研究科講師(憲法学)、作家。2006年、『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。著書に『旧皇族が語る天皇の日本史』『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(以上、PHP新書)、『現代語古事記』(学研M文庫)など多数。(写真:都築 雅人)

竹田:ここ数年で、日本人が日本について知りたいという気持ちが高まっているんですね。東日本大震災で意識が変わった面もあるでしょう。昨年は古事記編纂から1300年の節目の年でした。「日本ブーム」が起きていると言っていいでしょう。国内で日本ブームが起きたのは初めてのことなんですよ。

自分たち日本人とは何者で、どのような国に生きてきたのか。歴史観のような何かが欠落していてそれを知りたいという思いが高まってきていると思います。実際、歴史観が助けとなる局面はたくさんあると思います。
 例えば外国とのつき合い方です。2010年に中国はGDP(国内総生産)で日本を抜いて世界第2位になりました。ところが竹田先生の『日本人はいつ日本が好きになったのか』(PHP新書)にありますが、過去の王朝を含めると、中国と日本は実に5回、近代以降だけでも4回もGDPの抜きつ抜かれつを繰り返しているんですね。
 例えば日清戦争の当時、清はGDPで世界の3分の1を占める超大国だった。そうした過去の経緯の中で日本は常に、中国との適切な距離をはかろうとしてきた。これは新鮮な発見でした。

竹田:これは日本書紀に書いてありますが、第21代雄略天皇が初めて、中国と距離を取る外交政策を実行したんです。それまでやっていた朝貢をやめて、日本の自立を明確にしたんですね。その後、聖徳太子の時代になって中国文化が著しく発展したので、日本としてはそれを取り入れたい。でも属国にはなりたくないということで、有名な「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す」という手紙を書き、対等外交を試みます。朝貢はするけども冊封は受けないという態度を取るんです。中国は超大国で力があるため、いいものは取り入れるけれどものみ込まれないようにするための立ち位置を一生懸命築いてきたのが、日本と中国との関係史なんです。

 冊封体制に組み込まれて中国の属国になった国々は中国の軍事力で守られますから、軍事面も、経済面も文化面もおんぶに抱っこになる。居心地はいいけども国としての足腰は弱っていきます。中国と深くつき合った国ほど早く滅びてきたというのが歴史の事実です。

中国は敬して遠ざけよ、と竹田先生はおっしゃっていますが。

竹田:中国とのつき合い方は、歴史を見ればやはり変わっていないんです。利用できるところは利用し、取り入れるところは取り入れるにしても火の粉をかぶらないよう細心の注意を払う、というつき合い方でしょう。政策としての日中友好という時代はもう終わっていると思います。別に喧嘩を売る必要はないですから、敬して、いい感じの距離感を保っておくのが政治的には必要だと思います。産業的にも、人件費が安かった時代は世界の工場としての役割を担ったでしょうが、中国の労働人口は2016年から減少しますから人件費はこの先上がることはあっても下がることはありません。市場としてはともかく、モノ作りの拠点としては既に色あせてきている。中国の経済成長にあやかって稼ぐというのは魅力的でしょうけど、むしろ中国経済の発展が日本にとって脅威になるという面も考える必要があります。

コメント13

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「日本人はなぜ日本のことを知りたがっているのか」の著者

秋山 知子

秋山 知子(あきやま・ともこ)

日経ビジネス副編集長

1986年日経BP社入社。日経コンピュータ、日経情報ストラテジー、日経アドバンテージ、リアルシンプル・ジャパンの編集を担当。2006年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長