• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「かっこいい」から、社長になりたかった

村上太一・リブセンス社長(その1)

2013年11月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

◆はじめに◆

 かねてから「起業家」という存在に興味を持っている。僕のまわりにいる起業家の生態や、彼らがどう語られてきたかは『僕たちの前途』という本でまとめたことがあるのだけど、もっと「起業家」と呼ばれる人に話を聞きたいと思った。というわけで始まったこの連載。

 よく世の中では起業家というと、お金にがめつくて、野心にあふれて、独立心の強い人だなんてイメージが持たれたりする。確かにそれにあてはまる起業家もいるだろうが(今さっそく何人か頭に浮かんだ)、一方では最近、社会起業家だとかチェンジーメーカーも注目を集めている。

 はじめはあまり分野をしぼらずに、企業やNPOを立ち上げた起業家たちに話を聞きに行きたいと思っている。もちろん彼らの人柄にも興味はあるけれど、できるだけ起業家と社会の関係を明らかにするような話を聞いてみたい。

 というわけで、一回目はリブセンスの村上太一さん。すっごくいい人だった。色々疑いたくなるくらいいい人だった。

(古市 憲寿 プロフィールはこちら

左:リブセンス村上太一社長、右:古市憲寿氏(写真:大槻 順一、以下同)

村上:古市さんは確か私より2歳、年上でいらっしゃいますよね。

古市:村上さんは26歳? 僕は今、28歳ですが、何月生まれですか。

村上:10月です。

古市:僕は1月ですが、じゃあやっぱり、学年は2学年違いですね。どうぞよろしくお願いします。…それにしても村上さん、この本(『リブセンス<生きる意味>: 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事』)の写真と、実物とのイメージがまったく同じですね。写真では良い表情でも、実際に会ったら暗い雰囲気の人とかいるじゃないですか(笑)。

村上太一(むらかみ・たいち)
リブセンス社長。東京都出身。小学生のころに起業を決意、高校在学中に準備を開始し簿記二級、情報処理技術者試験などを取得。早稲田大学政治経済学部在学中、リブセンスを設立。求人ウェブサイト「ジョブセンス」を立ち上げる。同社を創業2年で黒字化させ、当時史上最年少の25歳1カ月で東証マザーズに上場を果たした。

村上:ははは(爽やかな笑顔)。

古市:そういうギャップが全然ないことに、ちょっとびっくりしました(笑)。本はとても面白かったのですが、ひとつだけ、結局分からなかったことがあるんです。なぜそこまで「起業」したかったのか、という点です。

村上:あえてすごくシンプルに言うと、「社長ってかっこいい」と思っていたからでしょうね。

古市:おお。

村上:昔から周囲の人に喜ばれることが好きで、その延長に起業があったと思うのですが、思い返してみると小学生の頃から、社長になると言っていましたし、中学時代は友人に「将来、一緒に会社やろうぜ」と言っていました。

古市:「社長」になりたかった。

村上:はい。組織の中で最も影響力を持ち、コントロールできる役割がいいな、と。両祖父が経営者だったから、という理由が大きいと思います。

コメント0

「イマドキの社会学者、イマドキの起業家に会いにいく」のバックナンバー

一覧

「「かっこいい」から、社長になりたかった」の著者

古市 憲寿

古市 憲寿(ふるいち・のりとし)

慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員

1985年東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席)。大学院で若者とコミュニティについての研究の傍らIT戦略立案等に関わる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長