• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「プロ経営者の台頭阻む日本の“岩盤”って何ですか?」

戦略論の第一人者、神戸大学の三品和広教授に聞く

2013年11月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人社長を退任された後、異業種であるカルビーの会長兼CEO(最高経営責任者)に転じた松本晃氏。米ゼネラル・エレクトリック(GE)の上席副社長からLIXILグループの社長兼CEOに就任した藤森義明氏。オムロン会長からルネサスエレクトロニクス会長兼CEOに就いた作田久男氏──。

 最近、別の企業の経営を率いていた実力経営者が他社のトップに就いて活躍する例が目立つ。京セラの創業者で名誉会長の稲森和夫氏が日本航空の会長に就いて同社の経営を再建した例も記憶に新しい。

 これらの動きは、日本でもプロ経営者の時代が到来する兆しなのか。日本の経営戦略研究の第一人者で経営者論にも注力している三品和広・神戸大学大学院経営学研究科教授に見解を伺った。

(聞き手は中野目 純一)

日本の経営戦略論研究を牽引する三品和広・神戸大学大学院経営学研究科教授(写真:陶山 勉、以下同)

最近、カルビーの松本晃会長兼CEO、LIXILグループの藤森義明社長兼CEO、ルネサスエレクトロニクスの作田久男会長兼CEOなど、他社のトップから別の会社のトップに転じて活躍する例が相次いでいます。産業革新機構も、再生対象の企業に別の企業のトップ経験者を送り込んでいるようです。これらは、日本においてもプロ経営者の時代が到来する萌芽と見ていいのでしょうか。

三品:萌芽とは言いづらいというのが私の率直な見方です。理由の1つは、経営者を外から迎え入れている企業の多くは、日本航空やルネサスのように経営が破綻したか破綻に近い状態の会社で、しかも株主として政府が絡んでいるケースであること。

 またLIXILの場合は、(創業家の)潮田洋一郎氏が取締役会議長として藤森氏の上にいるので、全部を任せているわけではありません。言うなれば、オーナー経営、同族経営だから外から経営者を引っ張ってくることができていると言っていいと思います。

 日本の東京証券取引所第1部上場企業のメーンストリームでは、シャープのように、経営が非常に苦しくなってもなおかつ社内の人間が経営するという姿が普通です。米国の企業だったら確実に外からプロの経営者を招いている状況でも、社内の人でやり続けようとしている。その点からすれば、プロ経営者の台頭とは程遠い状況にあるというのが、私の印象です。

コメント3

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「プロ経営者の台頭阻む日本の“岩盤”って何ですか?」」の著者

中野目 純一

中野目 純一(なかのめ・じゅんいち)

日経ビジネス副編集長

2012年4月から日経ビジネス副編集長。マネジメント分野を担当し、国内外の経営者、クリステンセン、ポーター、プラハラードら経営学の泰斗のインタビューを多数手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長