• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

放射線を正しく怖がりましょう

被ばく者救護に携わる米国人医師、ロバート・ピーター・ゲイル氏に聞く

2013年12月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 放射線は冷静に怖がらなければいけない――。チェルノブイリや東海村の臨界事故、そして福島第一原発事故などの現場にいち早く駆けつけ、被ばく者の救援活動にあたった米国人医師ロバート・ピーター・ゲイル氏はそう訴える。骨髄移植と白血病治療の権威で、「日本では放射能汚染に対する警戒のスタンスに、誤解がある」と指摘する。このほど『放射線と冷静に向き合いたいみなさんへ』(早川書房)を上梓し福島入りのため来日したゲイル氏に、執筆の動機などについて話を聞いた。

(聞き手は広野彩子)

福島第一原発の事故以来、放射能汚染に対する懸念が収束しません。ゲイルさんは、事故直後から現地で支援にあたり、外国人記者クラブで会見などもされていました。今年、『放射線と冷静に向き合いたいみなさんへ』という本を上梓されましたが、原発容認派なんですか。

ゲイル:そうではありません。私は東日本大震災の約1週間後に現地入りして以来、2年以上、被災者救護に断続的にかかわってきました。日本中のコンビニやスーパーからペットボトルの水が消えた様子も直接見ましたし、一般の被災地の人々だけでなく、妊婦の方などからもお話を聞いてきました。そして、放射能汚染に対し、政府や人々の間に、実害から鑑みて必ずしも合理的ではない、現実的ではない恐怖にかられた反応があることに気づきました。

合理的ではない反応、ですか。

ロバート・ピーター・ゲイル(Robert Peter Gale)
1945年生まれ、医師。骨髄移植と白血病治療の世界的権威。英インペリアル・カレッジ客員教授(血液学)。米ニューヨーク州立大学バッファロー校で医学を学び、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で微生物学及び免疫学の博士号を取得。世界各地の核や放射線が絡む事故で30年以上にわたり医療支援活動に携わる。800以上の論文、22冊の医学関連著書がある。邦訳著書に『チェルノブイリ』(共著)がある。(写真:北山宏一)

ゲイル:科学的見地から、2つの全く正反対の反応があることからお話します。

 まず、我々はいずれにせよ常に放射線にさらされています。ものによって放射能の強さが違うだけなのです。富士山の近くに住む人は、恐らく東京に住む人より30%多く放射線にさらされている。中にはその差が200倍にのぼるところもある。しかし、放射線が多い場所の方が東京の人よりがんの発症が多いというわけではない。それでも、富士山近くの人に東京への移住を勧めたりはしません。ある程度の範囲内であれば、人は違った放射線量に対して適応できます。

 また私が米国でしばしば出くわすのが、空港でのケースです。空港の保安検査で通過するスキャンを嫌がる人がいます。そこで浴びる放射線よりも、機上で浴びる放射線量の方がはるかに大きい。しかし人はなぜか機上で浴びる放射線を怖がらない。そうしたちぐはぐな行動についてまず認識してほしいのです。

著書ではミリシーベルト、マイクロシーベルトの意味を知ることだ、と指摘されています。

すべてを同じ基準で捉える癖をつける

ゲイル:つまりすべてを同じ基準、例えばミリシーベルトで考える癖をつけてほしいということです。1年間に東京に住んで、建物、食事、コンピュータ、あらゆるものから受ける放射線量は3ミリシーベルトです。70歳まで生きたら210ミリシーベルト浴びることになります。一方で1度のCTスキャンで浴びるのが10ミリシーベルト。東京に3年住んで浴びる数値に等しいですね。個別の事象に反応するのではなく、そうやって比べながら考えてみることです。

コメント49件コメント/レビュー

ストロンチウムに言及してないとありましたが確かにインタビューもその後話しが変わってるので編集で切ったのかと気にはなる所ですが、骨自体は3~4ヶ月で人身の骨だと3年で代謝されるということなのでいつまでも残るということはないでしょう(2014/01/11)

オススメ情報

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「放射線を正しく怖がりましょう」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ストロンチウムに言及してないとありましたが確かにインタビューもその後話しが変わってるので編集で切ったのかと気にはなる所ですが、骨自体は3~4ヶ月で人身の骨だと3年で代謝されるということなのでいつまでも残るということはないでしょう(2014/01/11)

結果的に、全くの詭弁な記事。詐欺師のトリックで10%=0.1つまり微々たる数値に見せかけているだけだ。 [世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン、IARC)は2012年の世界の新規がん患者は推定1410万人に上り、がん関連の死亡者は820万人との統計を発表した。2013.12.13MSN産経ニュース(共同)]。癌が10%しか増えないと軽んじる原発推進信者は、この数値を基に、10%増えるのと同じだと言ったらどう回答するのだろう。 またそんなに安全衛生会議で管理できるのなら、東京湾の埋め立て地に原発を設置すれば、送電ロスもなく全くのエコである。(2014/01/09)

日経さんに感謝します。この手の論争が平行線になる理由がわかりました。論理の原則が間違ってます。安全を保証する唯一の手段は、危険を論理的に否定すること。安全説を述べることではない。安全説をもってきて論理的に否定したと思ってる人が結構いますが、その安全説一つが安全なだけで、そのまわりは危険かもしれない。無数の危険説を論理的に否定してはじめて、安全に近づくんです。車の例で安全側に立つとすると、「ブレーキがあるので止まれる」、他の対策は必要なく自己責任、とできます。そうではなく危険かもと思うからこそ、ABS、エアバッグ、衝突防止装置と、危険を否定する装置や仕組みが開発でき、安全に近づくのです。かわって、原発と放射能は真逆です。安全説があるので、危険はないという主張です。(自分が)聞いたことがない、ここまでやれば大丈夫(なはず)、もこれに入る。結果、安全派からみると「想定外」の事故がおこります。想定外じゃない、安全だから安全という間違った論理で手抜きをするから、「想定してないor考えるのを止めた」ところで事故がおこるんだ。(2013/12/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント