• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ゴルフ」が日本で売れる理由

VW開発責任者が語る「モジュール戦略」の神髄

2013年12月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 独フォルクスワーゲン(VW)の新型「ゴルフ」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。同賞34年の歴史で、日本の自動車メーカーを押しのけて輸入車が受賞するのは初めてだ。受賞効果も手伝い、11月のゴルフの国内販売は2418台と過去最高を記録した。

 ゴルフは、1974年の発売以来、世界で累計3000万台以上を販売してきた大衆車。欧州では小型車の品質や性能を評価する上で「ベンチマーク」とされてきたクルマである。日本カー・オブ・ザ・イヤーの受賞理由には、「“MQB”というモジュールによる新たな開発手法を採用」という点が真っ先に挙げられている。

 「MQB」とは、クルマの各機能や部位を構成する部品の集まりを「モジュール」と定義し、そのモジュールをブロックのように組み合わせてクルマを作る手法のこと。世界最大の自動車メーカーになることを目指すVWが、目標を達成するための切り札としてグループを挙げて推進している。

 なぜ、ゴルフは高い評価を受けているのか。「MQB」とは、どのようなメリットをVWにもたらすのか。独ウォルフスブルグにあるVW本社で、ハインツ-ヤーコブ・ノイサー開発担当取締役(以下、ノイサー氏)に話を聞いた。

(VWの開発戦略の詳細を、日経ビジネス12月23日号特集「強さの秘密 ドイツ ワーゲン、BMW、ボッシュの革新力」に掲載しています)

新型「ゴルフ」は昨秋の欧州での発売以来、日本など世界の主要市場で高い評価を得ています。フォルクスワーゲンがゴルフのような高品質なクルマを開発し続けられる理由はどこにあるのでしょうか。

ノイサー氏:その理由は、私たちの「プラットフォーム戦略」にあります。VWグループには、3つの主要なプラットフォームがあります。1つ目が「MQB」で、グループ傘下のブランドでエンジンを(進行方向に対して)横向きに置くすべての車種を対象にしているもの(ゴルフはここに含まれる)。2つ目が、エンジンを縦向きに置く「MLB」、そして3つ目が、(スポーツカーなどを対象にした)「MSB」です。

フォルクスワーゲンの開発担当取締役ハインツ-ヤーコブ・ノイサー氏(写真 Hans Rudolf Oeser)

 このプラットフォーム戦略に基づき、各工場は同じ戦略を共有しています。例えば、MQBをベースに開発した車では、似たような生産プロセスを採用することができます。つまり、生産プロセスのすべてを標準化することが可能なわけです。生産プロセスを車種ごとに変える必要がないので、プロセス改善の成果がひとつひとつ着実に蓄積され、高い生産品質を達成することが可能になるのです。

 私たちは最近、中国の寧波でMQBベースの新たな工場を立ち上げました。今後、世界中でMQB対応の工場を増やしていきます。

モジュールを使って開発も生産も標準化

 MQBというモジュールを使ったプラットフォームは、クルマ作りにおける自由度が非常に高い。同じ生産プロセスで異なるサイズのクルマを作れますし、クルマに搭載するパワートレイン(エンジンや変速機などで構成される駆動システム)を簡単に変更することもできます。

コメント4件コメント/レビュー

米国のハンバーガーの日本市場攻略とVWのそれは、重なるところが大きいとの印象を持っています。25年前、初めてシカゴに行きハンバーガーチェーンに行った私を待っていたのは、日本とは似ても非なる店頭風景でした。また、欧州に行ったものであれば、現地での自動車メーカー・車種の階層消費に歴然とさせらるのは、誰でも経験することなのでは。日本は、モノ消費が、全くの個人的嗜好で完結する国で、その意味では、私たちは幸せな国民なのかもしれません。ゴルフは、米国価格が頭をよぎってVFMでも買えません。尤も、最近は、レクサスも例外ではなく、車に関しては、日本は割高な市場で、メーカーさんにとり、相当魅力的な市場だと思います。(2013/12/29)

「強さの秘密 ドイツ」のバックナンバー

一覧

「「ゴルフ」が日本で売れる理由」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

米国のハンバーガーの日本市場攻略とVWのそれは、重なるところが大きいとの印象を持っています。25年前、初めてシカゴに行きハンバーガーチェーンに行った私を待っていたのは、日本とは似ても非なる店頭風景でした。また、欧州に行ったものであれば、現地での自動車メーカー・車種の階層消費に歴然とさせらるのは、誰でも経験することなのでは。日本は、モノ消費が、全くの個人的嗜好で完結する国で、その意味では、私たちは幸せな国民なのかもしれません。ゴルフは、米国価格が頭をよぎってVFMでも買えません。尤も、最近は、レクサスも例外ではなく、車に関しては、日本は割高な市場で、メーカーさんにとり、相当魅力的な市場だと思います。(2013/12/29)

感覚的な話だが,今はRJCの方が現実的な選出をしているように見える。ゴルフは確かに優等生だと思うが,日本車と同じプライス・パフォーマンスにならないと食指が動かない。(2013/12/24)

ゴルフが売れている理由という表題とは、全く異なるモジュール工法の話で、しかもそれを15年以上前に最初に考案実用化したのは日本の自動車産業であった事すら知らずに話すVW役員と、記事にする記者は笑止。(2013/12/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長