• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自宅に勝る“終の棲家”の探し方

900カ所の有料老人ホームを訪問してきた上岡榮信氏に聞く

2013年12月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 安心できる老人ホームはどう探せばいいのか――。

 親や自身の老後を考えて、頭を悩ませている人は少なくないだろう。親の介護のために仕事を続けることが困難になり、会社を辞めざるを得なくなる介護離職者も年間10万人に達すると言われている。

 一般社団法人「有料老人ホーム入居支援センター」の上岡榮信理事長はこれまで、国内900カ所もの高齢者施設や高齢者住宅を訪問してきた。その経験を基に、自宅に勝る“終の棲家”の探し方をアドバイスするとともに、全国の有料老人ホームを評価し、運営会社を格付けしている。2013年11月には、『親に薦めたい!自分も入りたい! 老人ホーム探し50の法則』を著した。

 今すぐ積極的に考えたくはないが、いつかは考えなければならない「終の棲家」の選び方について、上岡理事長に聞いた。

(聞き手は西頭 恒明)

これまで全国の有料老人ホームを訪問してきた経験を基に、『親に薦めたい!自分も入りたい! 老人ホーム探し50の法則』をまとめられました。有料老人ホームは施設や運営会社によって、サービスの質に大きな違いがあるようですね。

上岡:およそ30年にわたって、様々な形態の約900カ所の高齢者施設を見てきましたが、本当にいい施設だと言えるのは20カ所に1つくらい、まあまあ評価できるのが10ヵ所に1つくらいの割合ですね。

上岡 榮信(うえおか・しげのぶ)
1949年愛媛県生まれ。通訳業を経て、83年以降、厚生労働省や全国有料老人ホーム協会、高齢者住宅財団、民間企業とともに国内外の高齢者施設・住宅を訪問、高齢者施設の多様な実態をつかみ、独自に調査を始める。2010年、一般社団法人「有料老人ホーム入居支援センター」設立、理事長・代表理事を務める。

 私はこれらの施設を点数化して評価するとともに、運営会社を6段階で格付けしています。格付け対象の法人数は現在、365法人に達します。

 全国展開している大手企業の有料老人ホームだからといって、格付けが高いとは限りません。一方、企業規模は小さくとも、しっかりとした理念を持つ経営者が運営をして、高い品質のサービスを提供しているところもあります。

 また、同じ運営会社の施設でも、サービスにバラツキが見られます。運営会社の格付けは低いのですが、施設長やスタッフの頑張りによって高い評価をつけた施設も中にはあります。ただ、現場の頑張りだけでは質の高さを維持し続けるのは難しいものです。

高齢者ホーム運営法人格付け
計365法人

コメント1件コメント/レビュー

最近、親を介護付き老人ホームに入居させた体験から。1その日は突然やってくる=一人で何とか生活していた母が屋内で転倒し急遽入院、心も身体も急激に萎えて退院と同時に入居を迫られる。2選択の余地なし=都心では直ぐに受け入れてくれる施設は限られる。3ケアマネの活用=幸い日頃からケアマネさんと情報交換をしていたので評判の良いところを紹介してもらうことができた。病院にもケースワーカーがいて相談にのってくれる。4親の下見は良し悪し=以前下見をしたところの印象が悪く、本人ができるところまで一人で頑張ると言い張った結果が切羽詰まったことに。5施設の良し悪しは医療面=持病のある老人ならば施設外の病院への付き添い、関係医療機関の往診などが必須。逆に医療機関のカモにされない警戒も必要。最後に、最近は在宅介護がしきりに叫ばれていますが、女性の社会進出と全く矛盾することで、金銭的余裕さえあれば施設介護を選択すべきだと思います。自宅で死にたいとはある意味、子供を犠牲にした老人のワガママでもあります。幸い私の母は職業経験もあり子供たち夫婦の共稼ぎを積極的に応援してくれ、最後は自ら進んでホーム入居を決め、新生活に順応してくれました。これぞ親の子供に対する最後の愛情と感謝もし、時間があれば親のもとに頻繁に顔を出しています。(2013/12/24)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「自宅に勝る“終の棲家”の探し方」の著者

西頭 恒明

西頭 恒明(にしとう・つねあき)

日経ビジネス副編集長

1989年4月日経BP社入社。「日経イベント」を経て、96年8月「日経ビジネス」編集部に異動。2008年10月日経ビジネス副編集長。2009年1月日経情報ストラテジー編集長。2012年1月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最近、親を介護付き老人ホームに入居させた体験から。1その日は突然やってくる=一人で何とか生活していた母が屋内で転倒し急遽入院、心も身体も急激に萎えて退院と同時に入居を迫られる。2選択の余地なし=都心では直ぐに受け入れてくれる施設は限られる。3ケアマネの活用=幸い日頃からケアマネさんと情報交換をしていたので評判の良いところを紹介してもらうことができた。病院にもケースワーカーがいて相談にのってくれる。4親の下見は良し悪し=以前下見をしたところの印象が悪く、本人ができるところまで一人で頑張ると言い張った結果が切羽詰まったことに。5施設の良し悪しは医療面=持病のある老人ならば施設外の病院への付き添い、関係医療機関の往診などが必須。逆に医療機関のカモにされない警戒も必要。最後に、最近は在宅介護がしきりに叫ばれていますが、女性の社会進出と全く矛盾することで、金銭的余裕さえあれば施設介護を選択すべきだと思います。自宅で死にたいとはある意味、子供を犠牲にした老人のワガママでもあります。幸い私の母は職業経験もあり子供たち夫婦の共稼ぎを積極的に応援してくれ、最後は自ら進んでホーム入居を決め、新生活に順応してくれました。これぞ親の子供に対する最後の愛情と感謝もし、時間があれば親のもとに頻繁に顔を出しています。(2013/12/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授