• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

サプライヤーとは戦略的に癒着する

坂口孝則・未来調達研究所取締役に聞く調達・購買部門のあるべき姿

2014年1月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 製造業であれば、どの企業にもある調達・購買部門。自社製品の付加価値を高められるような優れたサプライヤーを発掘する。そんな使命がある中で、実際の調達・購買部門の仕事はというと、単に伝票を右から左に流すだけで、仕事のやりがいを失っている人間も少なくないという。これから製造業がイノベーションを起こすためには、調達・購買部門がカギを握ると主張する坂口孝則・未来調達研究所取締役に聞いた。

(聞き手は木村知史)

「日本の調達・購買を変えたい!」と強く主張されています。

坂口 孝則(さかぐち・たかのり)
未来調達研究所取締役、アジルアソシエイツ取締役、調達・購買業務コンサルタント
大阪大学卒業後、電機メーカー、自動車メーカーで調達・購買活動に従事。調達・購買担当者同士の情報交換ができる場、「購買ネットワーク会」発起人。バイヤーの立場から見た営業のあり方や、商売のあり方についても多くの情報発信を行っている。『調達・購買の教科書』(日刊工業新聞社)、『牛丼一杯の儲けは9円』(幻冬舎新書)、『モチベーションで仕事はできない』(ベスト新書)など著書多数。

坂口:私は、大学を卒業してからいずれも大手の電機メーカー、自動車メーカーに就職し、調達・購買部門に配属となりました。ただし、仕事の魅力を教えてくれる上司はさほど多くいませんでした。

 本来であれば調達・購買部門は、やりがいのある仕事なんです。“世界のいろいろな場所から優れたサプライヤーを探して優れた部品を買い集めて自社の製品に活かす”という使命があるわけですから。本来であれば、調達・購買部門がどのサプライヤーに何を発注するかということを、戦略的に決定していかなくてはならない。ただ、これって建前になってしまっています。

 では、実際の仕事はどうかというと、何も決めていないんです。何も決めていないというのは2つ意味があります。1つは、もうすでにそこのサプライヤーしか作れないような仕様書が流れてくるパターン。そのサプライヤーに発注することが前提とした仕様書なので、もしサプライヤーを変更しようとなると大変な苦労が伴います。

 もう1つは、どこから買ってもいいような汎用的な部品でありながら、なぜか「このサプライヤーから買ってよ」と指定されているパターン。まー、どこでもよくあることなんですが、馴れ合いの関係になっているというのでしょうか。

創造的な仕事はあまりなかったということですか。

坂口:唯一の誇れる仕事というと、長く付き合っているサプライヤーから継続して購入している部品を、毎年少しずつでも安くすること。何の意味も根拠もないんですが、長く付き合っているから2%ぐらい今年は引いてよみたいな。後の仕事のほとんどはというと、伝票を右から左に流すだけ。

 かといって、仕事が暇なわけではなかったのです。開発・設計者からは難題を突き付けられるし、生産管理部門からは催促されるし、上司からはコスト削減ができないと叱られる。一方で、サプライヤーからは無理な納期に対して苦情が届く。

コメント0

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「サプライヤーとは戦略的に癒着する」の著者

木村 知史

木村 知史(きむら・ともふみ)

日経ビジネスDigital編集長

日経メカニカル、日経ものづくり編集などを経て、2014年4月から日経ビジネスDigital編集長。アプリ開発やサイト運営をメインの業務とする一方で、製造業関連や中国関連の記事をサイトに執筆。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長