• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

異色の人間国宝が弟子を取らない理由

青磁・人間国宝、中島宏氏に聞く「ものづくり」の極意

  • 森田 聡子

バックナンバー

2014年1月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2007年、「人間国宝なんて、熨斗をつけて返してやる」と言う陶芸界の異端児が、青磁の人間国宝に認定された。あれから7年。豪胆な物言いは変わらないものの、「いい加減なものを世の中に出せないという気持ちが強まった」と当の中島宏氏は語る。世襲や伝統の承継が重視される中、独学で唯一無二の作品世界をつくり上げた中島氏に、日本の伝統工芸や、ものづくりの極意を聞いた。

(聞き手は森田聡子)

中島さんは、2007年に文化財保護法第71条第2項に基づく重要無形文化財保持者、つまりは人間国宝に認定されていらっしゃいますね。当時は「異色の人間国宝誕生」と話題になりました。

青磁・人間国宝
中島宏氏
1941年、佐賀県生まれ。69年、弓野古窯跡に登窯を築いて独立する。2002年、日本工芸会理事に就任。05年から06年にかけ、東京・松涛美術館と福岡・福岡市美術館で「中島宏―現代を生きる青磁」展を開催した。06年に日本陶磁協会賞金賞を受賞。07年、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。12年には、日本工芸会副理事長、陶芸部会会長に就任。旭日小綬章も受章した。(写真以下同:青沼修彦)

中島:まぁ、異端児ですからね。

 陶芸の人間国宝を見ると、中里太郎右衛門(12代)、今泉今右衛門(13代)、酒井田柿右衛門(14代)など、伝統ある陶家に生まれた人の比率が高い。その点、私などは師匠にも付かずにやってきましたから。

 人間国宝になった時、文化庁が用意してくれた私の推薦書を読む機会がありました。そこには「独創的な中島青磁を確立した」と書いてあって、あぁ認めてもらったんだなぁと思うと、ふっと肩の力が抜けました。

 人間国宝はやはり古いものを熱心に研究したり、伝統を守ってきたりという人が多いので、推薦書にも「何とか焼の格調を高めた」なんて書いてある。

 確かに陶芸の世界には昔の作品を真似てつくるという文化があるけれど、私はとにかく、誰もやらなかったことをやりたかった。そうしないと、武雄市のような片田舎にいて、歴史ある家柄でもない人間に、目をかけてはもらえないでしょう?

知的で核心をつく物言いから「陶芸界きっての論客」とも言われる中島さんですが、人間国宝になって変わったことはありますか?

中島:「熨斗をつけて返す」とか言っておきながら辞退もせずにもらっちゃったわけですが、好き放題ものを言う点は変わらないかな(笑)。いかにも人間国宝ぶっている人たちは滑稽だと思うし。いつまでも自由でいたいしね。

 ただ、やっぱり他人がそういう目で見るから、いい加減なものを世の中に出せないという気持ちが強くなった。作品の選択がより厳しくなりました。

 50年この世界でやってきましたが、つくった作品の中で成功といえるものは1割程度です。納得がいかなくて割ったものも数知れず。家内からは「割るために作品をつくっているみたいですね」と言われます。

コメント5

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長