• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

僕の「メンタル」に「ももクロ」が効く理由。

企業経営と健康 岩瀬大輔編

2014年1月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この夏、テレビで『世界陸上』の中継を見ていて、気づいたことがあります。

 陸上競技、とりわけゼロコンマ1秒を競う短距離走は、シンプルに足の速さを競います。足の速さ、というフィジカルな能力が求められます。

 ところが、です。

 世界のトップ選手が集まった『世界陸上』では、テレビ越しに眺めていても、フィジカル以上にメンタルが競技結果を左右するのが一目瞭然でした。スムーズに競技に集中できた選手の成績は、明らかに良いようでした。

 シンプルに「走る」競技である短距離走にして、メンタルの影響が大きいのです。想像するに、チームプレイの球技、サッカーや野球などでは、さらに個々のプレーヤーのメンタルの状態が、チームの成績に影響を及ぼすことでしょう。

 実際に、ビジネスの世界に取り入れられた、ビジネスパーソンの心理と向き合い、個々人のパフォーマンスを上げるために行われる「コーチング」は、元々スポーツの世界で行われていたものを応用したものです。

 つまり、「身体」を競うスポーツにおいてプレーヤーのメンタルが重要ならば、僕たちのようなビジネスにおいても、ビジネスパーソンのメンタルのあり方によって、そのパフォーマンスはがらりと変わってもおかしくないわけです。

 そこで、はたと思い至りました。

 これまで、自分の仕事のパフォーマンスを上げるために、自分のメンタルの状態に気を使ってきただろうか。

 ……考えたこともなかった。

 そうなんです。

 ビジネスの世界において、「健康」であるべきは、身体だけではありません。むしろ「心=メンタル」の健康が、仕事のパフォーマンスに大きな影響を与えるはずなのです。

コメント3

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「僕の「メンタル」に「ももクロ」が効く理由。」の著者

岩瀬 大輔

岩瀬 大輔(いわせ・だいすけ)

ライフネット生命保険社長兼COO

1976年埼玉県生まれ。98年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長