• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

キーパーソンに聞く なぜ電車で「中ほど」まで進まないのか ~気の利かない人が増えた理由~

レビュー

とても参考になった
 

38%

まあ参考になった
 

24%

参考にならなかった
 

36%

ぜひ読むべき
 

33%

読んだほうがよい
 

20%

どちらでもよい
 

46%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

‪「私が奥に進まないのは早く降りたいから」とか「奥から降りる時の視線が嫌」ってコメントが割とあって人の視線は気になってもネットでは神経図太いんだな思いました。
川西さんの理論がおかしいと書いてあったけど、そういった方々って前者は「ビジュアルフィールドが狭い人」後者は「奥に行く技術がない人」に当てはまってるんですが。
統計をとっていない理論は役に立たないという方はこのコメント欄を見れば一目瞭然だと思いますよ。今のところ憶測でしかないのは確かですが、このようにコメント欄に書き込んでらっしゃる方々のデータがありますし。(2017/09/10 23:29)

私の乗る路線は、入口が片側に固まっているので、
奥というと反対側のドアを想像していましますが、
奥=通路の中ほどという意味とすると、私も降りれなくなるという理由で、
通路の中には行かないです。
(降りれるレベルの混雑の場合は奥に進みますが)

通路の奥に行かないというよりも、行かなくてすむようにします。
・反対側のドアに進む
・3人席のほうに進む。(3人席前は降りやすい)

反対側のドア付近で良く見かける気の利かないパターンは以下の2つです。

(1)つり革に掴まりたいため、つり革の下に居座るパターン
つり革の下にいる人とドア付近にいる人の間がぽっかり空間になってます。
気持ちは分かります。

(2)ドアの端で寄りかかって足を斜め前にしているパターン
これは、やられると大変迷惑なので、まっすぐ立ってください。
前方空間が確保しやすいので、気持ちは分かります。
椅子なし車両でも同様の目に合いますが自粛して下さい。(2017/03/21 15:59)

なぜ電車で「中ほど」まで進まないのか
ドアの入り口の座席の横に立つ理由 それは 腰が痛いから 膝が痛いから 座席はいっぱいで座れないので 何かにもたれたいから 腰の痛みに耐えて 長い時間を電車で揺られながら立っていることがとても辛いから 満員で押されても 何かに腰を持たせられれば 我慢できます
~気の利かない人が増えたなどと戯言を言う前に 個人の事情を少しでも考えてみてください(2017/03/21 15:38)

気が利かない意地の悪い人=まともに育てる能力を持たない親に育てられた可哀想な人
気が付いているのに他人の為にスペースを開けることのできない人=会社で立場がなく他に自己主張おできない能力の低い人
スマホばかり観て身体の具合の悪い人に席を譲れない人=正真正銘のバカ
以上のようなような乗客が多い路線の民度は低いと思える。
私が使っている東急田園都市線はそういう路線。松葉杖をついている人にさえ席を譲ろうとする人が居ない。カバンをドアの近くに於いても動かさないバカな高校生。股を大きく開いて座っているサラリーマン。後は小奇麗な格好しているくせに濡れた傘の先が自分に濡れないように腕に掛けてる女は。人を濡らしても自分は濡れないという性分の悪さ。育ちの悪いのは服装では隠せない。
感心するのはおばあさん達、席を譲ってもほとんどのおばあちゃんは「直ぐに降りますから」と先ずは断る。おじいさんに比べておばあさんの方がしっかりしている。「降りるまで座ってくれたら、また替わって下さい。」と言ってでも席を譲りたくなる。そういうおばあさんに育てられなかった親はダメで、その子供達はダメぶりは累積していくようだ。(2017/03/21 15:16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長