• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

キーパーソンに聞く 高層マンション育ちの子供が「伸びない」理由

レビュー

とても参考になった
 

57%

まあ参考になった
 

28%

参考にならなかった
 

14%

ぜひ読むべき
 

60%

読んだほうがよい
 

20%

どちらでもよい
 

20%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

私は数学・物理がとことん苦手でずーっとコンプレックスを持っていましたが、どちらかというと「結論が出てほっとすることだけ」を追い求めていましたね。答えが合ってれば解き方なんてどうでもいいタイプでした。そして「考えていく途中の快感」が味わえないから応用問題になるとさっぱりわからなくなる…なるほど。「今分かっていることから次にすぐ分かることは何か。そして聞かれている答えが分かるためには何が分かれば便利か」なんて考えたことも無かった…。今から挽回するのは無理でしょうが、胸に留めておきたいと思います。(2014/01/27)

私は、会社員になってからも長い間、家庭教師をやっていました。高層階にお住いのお子さんに関しては、教えたことがないので分かりませんが、平均的に見て、お母さんがフルタイムでお仕事をしているお子さんは、専業主婦のご家庭のお子さんより学力が劣る傾向があります。フルタイムでお仕事をされているお母さんは、仕事と家事で、子どもに割く時間が少なくなるだけでなく、子どもに余裕をもってかかわることが難しいからだと思われます。小学生では、漢字の書き順、計算のスピードや正答率等は専業主婦に軍配があがります。金で家庭教師や塾で勉強を見るだけでなく、愛情のある母親がしっかりと生活管理をしていないと学力に差が出ますね。特に小学生は。(怒鳴ってばかりの自称教育熱心な父親は学力に関してマイナスになります)あくまでも平均的な話です。(2014/01/27)

# 「何も定量で示されてませんが、この先生も高層マンションで育ったんですかね。」何事もデータが出そろったり理論が確立されるのを待っていたら後手になるだけだと私は人生で学びました。クリエイティブで何かを生み出す人生にはデータが出そろわなくてもある程度の判断ができなくては、と感じています。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」といいますので、そこに歴史的な視線から矯正ができれば最強かと。(2014/01/26)

面白いけど、これだけじゃあなあ。なんとも判断つきません。(2014/01/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長