• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ビッグデータ分析で、中国政府による検閲の中身が明らかに

ゲイリー・キング米ハーバード大学教授に聞く

2014年2月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ビッグデータ分析がビジネスの世界で広がる中、アカデミアの世界にも大きな影響を及ぼしている。このほど、最新のビッグデータ分析手法を開発し、中国政府の検閲の実態について分析した計量政治学者であるゲイリー・キング米ハーバード大学教授に、研究が実現した背景などについて聞いた。

(聞き手は広野 彩子)

最先端のデータ分析手法を使って、政治に関するデータを分析したそうですね。なぜ政治学で定量的な分析が急速に発展しているのでしょう。

キング:政治学の世界における最近の最も大きな変化は「政治的な現象に関する総合的なデータを集めて分析ができれば、政治についてさらにいろいろなことが明らかになる」とはっきり分かってきたことでしょう。そして近年、データをどう扱えばいいのかが分かってきた。膨大なデータから、いかに有意義な情報を引き出せるか、その分析ツールの開発が進んだのです。

膨大なデータ、ビッグデータですね。

データだけでは価値は生み出せない

ゲイリー・キング(Gary King)
米ハーバード大学教授。2009年、同大学で最も目覚ましい業績をあげた教授にのみ与えられるUniversity Professorの称号を与えられた。1980年米ニューヨーク州立大学卒業、84年、米ウィスコンシン-マジソン大学でPh.D.取得(政治学)、ニューヨーク大学政治学部助教授。87年、ハーバード大学政治学部准教授。1990年から同教授。社会科学研究の多くの分野に応用できる、実践的な統計的分析手法を開発している。(写真:陶山勉)

キング:ビッグデータと言う時は、データそのものだけを指すのではなく、その「分析」を指すのです。ビッグデータは確かにデータですが、データだけではイノベーションにならない。イノベーションの肝は、データがもたらす情報をどう扱うか、にあります。世界では、2日おきに10億件もの投稿がソーシャルメディアにアップされています。それを使ってどうすればいいでしょうか。

 全部読んだって役には立ちません。しかし伝統的なやり方は、投稿を読み込んで解釈し、文脈を読み取って、真意を理解しようとすることです。しかしそんなやり方はもう通用しません。情報が少なければそのやり方も有効ですが、相手は2日に何十億件という膨大な投稿です。

 現在、そうした情報をダウンロードして保存・目録化した上で調べることが可能になりました。一番重要なのは「関連事項を抽出できる」ということです。人々の思考を追って、さらに違ったテーマについての発言をたどることができる。個人だけではなく集団にでもです。データ自体は価値を生まない。しかし分析するとものすごい量の気づきが得られる。

ビッグデータ分析で最もびっくりした発見は何でしたか。

キング:1月に東京で開いた会議で、私は中国の検閲について調べた論文を発表しました。これまでも多くの研究者が少しずつ中国政府の検閲について研究していました。たとえば、1つの投稿を見て、それが取り下げ、あるいは抹消されるかどうか調べる、といった感じです。細かいニュアンスを探るのは大変困難でした。しかしこれを「鳥の目」で眺めると、つまり何百万もの投稿を同時に見たら、実際に何が起こっているのかがかなりつかめたのです。

中国語の投稿ですか?

キング:そうです。何百万ものソーシャルメディアにおける中国語の投稿をダウンロードして、中国政府が読んで検閲する前に入手してしまうのです。

コメント4件コメント/レビュー

とても面白い。中国のネットには「縦読み」や「斜め読み」は存在するのだろうか。この手の暗号的な手法が発達しそうな予感がする。(2014/02/04)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「ビッグデータ分析で、中国政府による検閲の中身が明らかに」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

とても面白い。中国のネットには「縦読み」や「斜め読み」は存在するのだろうか。この手の暗号的な手法が発達しそうな予感がする。(2014/02/04)

てことは、集まらずに、横断幕も掲げずに、意見表明だけをネットでしていれば捕まらないと。それを彼の国の皆さまにお伝えしたいものです。(2014/02/04)

NHKのNEWS WEBのつぶやきビッグデータのおかげで、NHKニュースの検閲も多少は和らいだかな?と思っています。(2014/02/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長