• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日銀は3月にサプライズ緩和に動く

小玉祐一・明治安田生命保険チーフエコノミストに聞く

2014年2月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新興国経済の混乱や4月に迫った消費増税など、日本経済の先行きを不安視させる材料が増えている。日銀の追加緩和にも注目が集まる中、小玉祐一・明治安田生命保険チーフエコノミストは、その時期を「3月」と予想する。

(聞き手は渡辺 康仁)

アルゼンチンなど新興国経済が混乱しています。どの程度の深刻さがあると見ていますか。

小玉 祐一(こだま・ゆういち)氏
明治安田生命保険チーフエコノミスト。1987年慶応義塾大学商学部卒、明治生命保険入社。1995年経済企画庁(現内閣府)出向。1998年財務業務部(現運用企画部)に配属。2002年4月から現職。経済見通し作成に携わるとともに最新の経済動向を分析する。(写真:清水盟貴、以下同)

小玉:アルゼンチンについて言えば、通貨ペソの下落は独自の要因に根差した部分が大きいのです。1つがインフレ率の改ざんです。公式統計だと前年比で10%程度の上昇ですが、民間の調査では25%くらいありそうだと。市場では以前から公然の秘密のように言われていました。

 当然、インフレが進んだ分、通貨は安くならないといけないわけですが、為替介入で無理やり抑えてきた。それが限界に達したということです。外貨準備は昨年初めとの比較で35%程度減少し、持続可能な政策ではないと市場も政府も気づき始めました。大幅な調整はある意味で必然的な過程であって、どこかで起きることは不可避だったと思います。

 アルゼンチン独自の要因に根差していますから、他国に波及する必然性はないはずでした。昨年末時点と年明けの時点を比べると、多くの新興国は客観的な情勢は大きく変化していません。当初は新興国通貨の混乱はそれほど長引かないと思っていましたが、今のところそうではなくなっています。

 「フラジャイル(脆弱な)・ファイブ」という言い方をしますが、インドネシア・ルピア、ブラジル・レアル、トルコ・リラ、南アフリカ・ランド、インド・ルピーなど投機攻撃に脆い通貨が新興国に多いことは確かです。市場は時に自己実現的に危機を作り出す場面がありますから、脆い通貨が投機攻撃にどれだけ耐性を持っているかが試されている局面だと思います。

リーマンショック後、新興国が世界経済のエンジン役になってきましたが、それは転換したということですか。

小玉:新興国、特に東アジア諸国が世界の成長センターとして景気を牽引してきました。インドネシアなどは人口も増えていますから潜在的な成長力はまだまだ高いものがあると思いますが、これまでは投機マネーの流入で過大評価されていた部分があります。期待されたほどには成長力は高くなく、マネーが逆流しています。

 リーマンショック後に東アジアが成長センターになれたのは通貨の混乱が波及しなかったからです。東アジア諸国が経常黒字だったことが1つの理由です。しかし、成長が続いた分、内需が増えて経常赤字に変わってきた。それによって通貨の力関係が変わり始めています。今はインドネシアやマレーシアなど経常赤字の国が増えてきていますので投機攻撃に脆くなっています。

 「経常黒字=勝ち組、経常赤字=負け組」というわけではなく、一国の成長モデルと大きく関わっています。経常黒字の国は輸出を経済の牽引役とし、経常赤字の国は海外からの資本流入をテコに成長を図るモデルです。技術移転もされるから新興国にとって良いモデルとも言えますが、資本流入モデルの弱さはお金の流れがストップするとすべてが変わってしまうことです。

コメント1

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「日銀は3月にサプライズ緩和に動く」の著者

渡辺 康仁

渡辺 康仁(わたなべ・やすひと)

日経ビジネス副編集長

1994年日本経済新聞社に入社。2002年から2004年まで日経ビジネス記者。日経新聞に戻り、編集局経済部などを経て2013年から日経ビジネス副編集長。アベノミクスの行方に関心を持つ。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長