• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「蔵前は、海外にすごく近い町です」

本間貴裕・Backpackers’Japan CEO(その1)

2014年2月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Nui. HOSTEL & BAR LOUNGEで撮影(以下同)

 「イースト東京」と言われる下町エリア、特に下町情緒あふれる蔵前に、エッジのきいたショップやカフェがポツポツと増えている。

新たな注目エリアのシンボルになっているのがゲストハウスの「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」だ。古い倉庫をリノベーションした物件で、ガラス張りの1階のラウンジを見れば、これぞ“イマドキ”のゲストハウス、とすぐわかる。旅好きの間ではすでに有名な存在だ。

 運営しているのはBackpackers’Japan。上野の入谷では古民家ゲストハウスを営んでおり、おしゃれゲストハウスの急先鋒として話題の宿を仕掛けている。

 代表取締役にしてCEO(最高経営責任者)の本間貴裕さんに古市さんが会いに行ったところ、「実はそんなに旅好きではない」との告白を皮切りに、予想外の発言が連発。すっかりリラックスムードのふたりはたくさん語り合いました。

(中沢明子:ライター/出版ディレクター、本連載取材協力・構成)
本間貴裕(ほんま・たかひろ)Backpackers’Japan代表取締役CEO
1985年生まれ、福島県出身。福島大学教育学部卒。大学3年時に35リットルバックパックでオーストラリア一周の旅へ。大道芸人として旅費を稼ぐ。帰国後、2つの学生団体の代表を務め、教育実習も経験し、2009年に卒業。内定していたコンサルティング会社を内定式前日に辞退し、起業を決意。たい焼き屋で稼いだ資金を元手に、個性的なゲストハウスを運営するBackpackers’Japanを2010年2月に創業。東京・上野の古民家ゲストハウスtoco.、蔵前のNui. HOSTEL & BAR LOUNGEなどのゲストハウスの運営で注目を集めている。ブログはこちら。(撮影:陶山 勉)

古市:ゲストハウス(Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE)を案内していただきました。オープンスペースに雰囲気の良いバーがありますし、イマドキのかっこいいゲストハウスって感じですね。話題になっているのがよくわかりました。

 この蔵前のゲストハウスは上野に続いて2軒目だそうですが、蔵前を選んだのはなぜですか。

本間:外国の方にとって特にアクセスが良い場所だからです。外国人観光客に人気の浅草、秋葉原に近いうえ、成田と羽田、両方の空港から楽に来られます。大江戸線で渋谷方面や築地にも簡単に行けますし、観光の拠点として抜群の地の利があるんです。

古市:ああ、なるほど。

本間:このあたりは自営業の方が多く、横のつながりが強くていかにも下町っぽい人情味あふれる街。ラフなつながりで月に一回、蔵前を散策しながら色々なお店を回れるイベントを街全体で展開したり。その都度、皆さん、打ち上げをして、みんなで一緒に地域を盛り上げていこうぜ、といった感じです。

コメント1件コメント/レビュー

ぜひ読むべきだと感じましたが、あえて参考にならなかったとさせて頂きました。というより、中途半端・生半可な気持ちでは参考にしてはいけないほど、思い切った事を次々となさっている。ものすごい行動力だと思いました。私の頭ではなかなか理解できない展開に振り回されましたが、続きが気になります。(2014/02/26)

「イマドキの社会学者、イマドキの起業家に会いにいく」のバックナンバー

一覧

「「蔵前は、海外にすごく近い町です」」の著者

古市 憲寿

古市 憲寿(ふるいち・のりとし)

慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員

1985年東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席)。大学院で若者とコミュニティについての研究の傍らIT戦略立案等に関わる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ぜひ読むべきだと感じましたが、あえて参考にならなかったとさせて頂きました。というより、中途半端・生半可な気持ちでは参考にしてはいけないほど、思い切った事を次々となさっている。ものすごい行動力だと思いました。私の頭ではなかなか理解できない展開に振り回されましたが、続きが気になります。(2014/02/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長