• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Jリーグのライバルは欧州サッカーではない

村井満・新チェアマンに聞く(1)

2014年3月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:佐藤久)

 今年1月、Jリーグの第5代チェアマンに、リクルート出身の村井満氏(54)が就任した。サッカー関係者以外からチェアマンが選出されるのは初めてのケースだ。村井氏とは一体どんな人物なのか。そして苦境のJリーグをどのように立て直そうとしているのか。「均衡から生まれる激しさ」を求め、「7割の残マをつかみたい」と意気込む、新チェアマンの構想を聞いた。

オープンがフェアネスをつくる

村井さんはリクルートで長く人事部門に携わり、人材紹介サービスのリクルートエージェントや海外の関連会社では経営者として活躍されてきました。ご自身のことを、どういうタイプの経営者だと考えておられますか。剛腕型ですか? それとも調整型?

村井:徹底的にファクト、事実を見にいくのが私のスタイルです。リクルートに入社以来30年間、人と組織をずっと見つめてきました。例えば人事制度ひとつとっても、それが出来上がったからといって会社が良くなるわけでもないし、常に現場、一人ひとりを見て運用のあり方を考えないといけない。だからファクトを重視するという習性が身についたんでしょうね。そこに強烈なファクトが明確にあるのなら剛腕にもなるし、複雑な要素の絡み合ったファクトなら調整型にもなる。チェアマンとして、まずはJリーグの全51クラブを回ろうと考えているのも、そういう意味では当たり前のことだと思っています。

2008年から2013年まで、Jリーグの理事を務めておられましたが、その間、どのようなことを提起されてきたのでしょうか?

村井:まず理事会というのは、約3分の2がクラブ経営者と日本サッカー協会関係者、Jリーグの常勤理事で占められていて、残りの約3分の1がいわゆる「社外理事」という構成になっています。私はその「社外理事」の一人だったわけですが、サッカーのクオリティーに関する議題に口を挟むというよりは、この理事会が日本サッカー界の司令塔として機能するために、どうすれば健全な議論ができるかという観点で介入することが多かったように思います。

 印象深いのは、クラブライセンス制度(注)の導入を議論した時のことですね。細かな規約の話はともかく、私は、この制度を導入するかどうかという議論は、実は今後の理事会の意思決定のあり方そのものに大きく関わることだと思っていました。基準を曖昧にして、話し合いの中で救済するクラブを決める従来のやり方ではなくて、明確な数値で線引きをし、一定期間の猶予を与えた上でそれでもダメなら仕方がないという方向に舵を切れるかどうか。それはすなわち、理事会が意識を変えられるかどうかということ。私は何度も「Jリーグはもうルビコン川を越えましょう」と発言しました。

 社会的な公共財とも言えるJリーグにとって、健全経営というテーマはもはや絶対に避けては通れない問題です。「オープンがフェアネスをつくる」というのは私の持論ですけれど、まさにこの問題に対してJリーグは、その手続きをオープンにして、フェアな環境を整えるべきだと主張しました。クラブライセンス制度の導入決定で、Jリーグは一歩、前に進むことができたと思っています。

(注)昨年度から導入された、財務状況などを基準とするJリーグのプロクラブの資格制度。3年連続赤字または債務超過に陥ると、ライセンスが剥奪されJリーグに参加できなくなる。

コメント1件コメント/レビュー

NHKやスカパー、それにダイジェストとはいえ、Youtubeで世界のサッカーを見る機会が多い以上、欧州サッカーは直接的なコンペティターですよ。 時々、土日の昼にNHKで見ますが、Jリーグは開幕当初と比べてどの選手も上手くなりましたし、戦術的にもとても良くなっている。 でも、全体的にダラダラ感がある。 何故だとうと考えると、審判の笛が多い事に行き突く。 引っ張ったら即ファール。押したら即ファール。。。 そりゃ厳密にはそうなんだが厳し過ぎるし、色々面でJリーグの価値を下げる原因となっている。 まず、試合中断を多くしてしまい、それがダラダラ感を演出する。 また、簡単に笛が吹かれる為、守備時のプレッシング強度が弱くなる。 世界基準の笛を吹かれる場所だと、選手たちが何も出来なくなる可能性がある。 これが、代表に外国人監督が就任すると特に攻撃陣において海外組ばかりになり、一般に知名度のある選手の名前がJリーグでは見られなくなり、代表は人気があるのに、Jリーグの人気が無くなる理由にもなっている。 せめて、国内リーグと海外リーグのプレッシング強度が同等に出来れば、代表でも海外組ばかりを優先する事は無くなるだろうし、選手も海外に移籍してから苦しむ要素も減る。 代表の攻撃陣に国内リーグ組が入り易くなり、代表クラスでなくても海外でそこそこ出来る様な選手が増えてこないと、今の現状は変えられないと思う。 その為には笛の基準について見直すのが手っ取り早い。(2014/03/06)

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

「Jリーグのライバルは欧州サッカーではない」の著者

日比野 恭三

日比野 恭三(ひびの・きょうぞう)

ライター/雑誌編集者

1981年、宮崎県生まれ。PR代理店勤務などを経て、ビジネス誌・スポーツ誌の編集・執筆の道へ。現在の主な取材分野は野球、スポーツビジネス。時間があれば神宮球場に足しげく通う。1児の父。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

NHKやスカパー、それにダイジェストとはいえ、Youtubeで世界のサッカーを見る機会が多い以上、欧州サッカーは直接的なコンペティターですよ。 時々、土日の昼にNHKで見ますが、Jリーグは開幕当初と比べてどの選手も上手くなりましたし、戦術的にもとても良くなっている。 でも、全体的にダラダラ感がある。 何故だとうと考えると、審判の笛が多い事に行き突く。 引っ張ったら即ファール。押したら即ファール。。。 そりゃ厳密にはそうなんだが厳し過ぎるし、色々面でJリーグの価値を下げる原因となっている。 まず、試合中断を多くしてしまい、それがダラダラ感を演出する。 また、簡単に笛が吹かれる為、守備時のプレッシング強度が弱くなる。 世界基準の笛を吹かれる場所だと、選手たちが何も出来なくなる可能性がある。 これが、代表に外国人監督が就任すると特に攻撃陣において海外組ばかりになり、一般に知名度のある選手の名前がJリーグでは見られなくなり、代表は人気があるのに、Jリーグの人気が無くなる理由にもなっている。 せめて、国内リーグと海外リーグのプレッシング強度が同等に出来れば、代表でも海外組ばかりを優先する事は無くなるだろうし、選手も海外に移籍してから苦しむ要素も減る。 代表の攻撃陣に国内リーグ組が入り易くなり、代表クラスでなくても海外でそこそこ出来る様な選手が増えてこないと、今の現状は変えられないと思う。 その為には笛の基準について見直すのが手っ取り早い。(2014/03/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長