• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ビットコインはそもそも出来が悪いです」

岩村 充・早稲田大学商学研究科教授に聞く

2014年3月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ビットコインは「貨幣」を考えるよいきっかけになっている。そもそも「お金」とは何か、その信頼は何によって裏付けられるのか、紙や金属といった実体は必須なのか、そして、「仮想通貨」とは、人間社会にとって「よきもの」なのだろうか。物わかりの悪さには自信があるYデスクが、日本銀行出身で仮想通貨に詳しく、『貨幣進化論――「成長なき時代」の通貨システム』などの著書を持つ岩村充・早稲田大学商学研究科教授に聞いた。

Y:明日から海外にお出かけとか。直前に時間を取っていただきすみません。すでにビットコイン事件そのものについては、岩村先生をはじめ、いろいろな方の分析が出ておりますが、今回はもうすこしカメラを引いて、「ビットコイン」を切り口に「仮想通貨」、そして「貨幣」についてのお話をお聞かせ下さい。

岩村 充(いわむら・みつる)
早稲田大学商学研究科(ビジネススクール)教授。1950年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。日本銀行を経て98年より早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。2007年、研究科統合により現職。主な著書に『入門 企業金融論』『電子マネー入門』『企業金融講義』『貨幣の経済学』『コーポレート・ファイナンス』など。

岩村:全体観を言うと、僕はクリプトカレンシー(暗号型通貨)とか代替型通貨とかいうものって、もともと好きなんですよ。

Y:そうでしたよね。実は3時間ほど前に先生と電話でお話ししたときに「僕はPeer to Peer型(以下PtoP)の通貨を支持しているんです」と伺ったので、「これはぜひ直にお話を聞きたい」と、無理を承知で押しかけてしまったんです。日銀出身の方が、PtoP、すなわち中央銀行の仕組みから外れてユーザー同士が直にやりとりできる通貨システムを「好き」と仰るのが、とても意外でした。

岩村:ハハハ。好きなんですけど、ビットコインが好きなわけじゃないですよ。仕組みを聞いてしばらく考えているうちに、好きどころか「これはかなりけしからんものだな」と思ったんです。

 ビットコインは、意識的なのか無意識なのかは分かりませんが、最初に「マイニング」(mining、鉱石掘りのアナロジー)をした人が圧倒的に得をして、「ビットコイン拾い」に近い状態になるけれど、ある時点から一気に大きな「採掘コスト」がかかるようになっている。そういう仕掛けは僕は好きではないのです。

Y:非常に簡略化した言い方をしますと、ビットコインは「bitcoin miner」と呼ばれるソフトを稼働させて、いわばパソコンで「ビットコインパズル」を解く作業(これが「マイニング」)を行い、成功した人にコインが与えられるモデルなんですね。しかもそのコインには2100万個の上限がある(※)。誰でも簡単に無限にコインを作り出せたり、複製が可能なら信用なんてしてもらえないけれど、数学的に価値が担保されている、と。

(※実際の仮想通貨としての流通はこの「コイン」を細かく分割した単位で行われるので「2100万」がビットコインの額面の上限ということではない)

岩村:それがビットコイン側の説明です。そして、当初は「ビットコインパズル」を解くのはけっこう楽な作業でしたが、コインが一定の数を超えると、急激に条件が厳しくなります。今では、超高性能のパソコンを長時間稼働させる必要がある。だから最初に参加した人ほど得をするわけです。まずここが“うさんくさい”。

Y:PtoP型の仮想通貨は支持するけれど、いまやその代表のようになったビットコインには否定的なのですね。

平凡な技術要素の寄せ集め

岩村:ええ。通貨の量を限定しさえすれば、その価値も安定するという発想にも難があります。でもまあ、ここ数年通貨当局自身が、「通貨の量を管理すれば貨幣の価値を操れる」と信じ、実際にそういう行動に出ているわけで、その意味では、彼ら通貨当局者たちも、ビットコイン発案者、サトシ・ナカモト氏と同じ程度なのかもしれません。

 手持ちの通貨の価値を、中央銀行や政府が自由に動かし、あまつさえ低下させるような行動に出れば、お金を持っている人は「冗談じゃない」と対抗策を講じますよね。そのひとつの逃げ道がビットコインだった、というのは当然でもあるし、皮肉でもあります。

Y:私にはまったく分かりませんが、「ビットコインの仕組みは数学的に美しい」と評価される方もいます。

岩村:うーん、私自身の気持ちを素直に言いますと、サトシ・ナカモトの論文を読んで、途中であほくさくなってしまったんです。これを「数学的に美しい」という感性は、私にはまったく理解できません。

 ビットコインの構造は「SHA256」というハッシュ関数(長い数字列を短く畳み込む手法の一つ)と、「チェーン型署名」の組み合わせです。どちらも大変に有名な概念です。そもそもSHA256は国際標準になっている技術ですし、チェーン型の電子署名の方だっていろいろな応用の仕方があるので、僕自身もその1つについて、これは2000年代の初めですが、他の研究者の方や企業と組んで、論文を書いて発表したことさえあります。そういう意味では、よく知られている数学的仕掛けを2つくっつけた作りになっているだけ、というのが率直な印象です。

コメント21件コメント/レビュー

色々なコメントがついてますが、記事と論点がずれているように思えます。指摘されたのは、いわば経費を誰が負担するのか、です。NETという善意ある集団と呼べない衆が負担するのが前提のシステムなので、それを否定したら話にならない。一方でそれがビットコインの致命傷でもあります。通貨原則の説明もあり良い記事だと思いますが、フリークの方々には心情的に拒絶する記事になってます。インターネットがそうであるように善意が壊れたりシステムが巨大になると収拾がつかない=誰かが管理する=管理主体が存在する、状況になるでしょう。それはつまり既存の銀行による金融システムと変わらなくなる。どうやって適正規模を保つかが肝要です。(2014/03/14)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「ビットコインはそもそも出来が悪いです」」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

色々なコメントがついてますが、記事と論点がずれているように思えます。指摘されたのは、いわば経費を誰が負担するのか、です。NETという善意ある集団と呼べない衆が負担するのが前提のシステムなので、それを否定したら話にならない。一方でそれがビットコインの致命傷でもあります。通貨原則の説明もあり良い記事だと思いますが、フリークの方々には心情的に拒絶する記事になってます。インターネットがそうであるように善意が壊れたりシステムが巨大になると収拾がつかない=誰かが管理する=管理主体が存在する、状況になるでしょう。それはつまり既存の銀行による金融システムと変わらなくなる。どうやって適正規模を保つかが肝要です。(2014/03/14)

とても面白い内容のコラムだったけれど、馬を知らないインカ人の比喩は、後の時代、外の世界から見ているから言える話で、まだ誰も見たことのないものを創った、という点において素晴らしいことは間違いないし、このような貶められ方をされる謂れはないんじゃないかなあ、と思う。全体的に、そのような、やや高圧的な雰囲気が鼻についた。(2014/03/14)

『要するに市場メカニズムを通さずに、ほかの人に協力させているわけだから。』のくだり等からは、取引認証にかかるコストがPtoPネットワークの参加者に押し付けられているように読み取れます。しかしビットコインの認証プロセスはマイニング行為そのものなので、専用機器+電気代といったコストを上回る利益を得るという動機で人々はネットワークに参加しています。(地球環境負荷という意味では納得できますが)ビットコインの手数料が低い理由というコンテクストで、外部性に違和感を感じてらっしゃるのは、岩村氏は何か大きな勘違いをしているように見えます。(2014/03/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授