• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「雇用増」を実現した神山マジック

神山に20人の雇用を生み出した隅田徹氏に聞く

2014年3月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 徳島県の片田舎に神山町という町がある。人口6000人あまりの小さな町で、吉野川の支流、鮎喰川の上流部に位置している。少子高齢化も進んでおり、高齢化率は46%に上る。過疎化に苦しむ、日本の中山間地の典型のような場所だ。

 ところが、神山はIT(情報技術)ベンチャーの“移転”に沸いている。

 神山に全国的に有名な観光スポットはない。企業誘致に力を入れている自治体も数多い。それなのに、なぜ神山に人々が集まるのか。3月に出版した『神山プロジェクト』では、そんな神山の秘密に迫った。クリエイティブを生む場であり、新しい働き方の実験場であり、人間再生の場である神山。その本質を理解するには最適な一冊だ。

 この連載では、出版の一環として、神山の現状や関わっているキーパーソンの話をまとめていく。4回目はえんがわオフィスを作ったプラットイーズの隅田徹会長だ。起業家として、隅田氏は神山に新しい風を起こそうとしている。

移住者のみなさんに聞いていますが、神山にサテライトオフィスを作った理由からお聞かせいただけますか。

隅田:直接のきっかけは3・11です。東日本大震災の後、災害時の事業継続がビジネス上の課題に浮上しました。プラットイーズはケーブルテレビ局やCS放送局にメタデータを提供しており、震災後、拠点分散の必要性に迫られたんですよ。ちなみに、メタデータというのはテレビ局が業務用に使う番組情報のことで、出演者やあらすじ、技術パラメータや著作権情報などが記録されているものです。

コメント0

「神山プロジェクト」のバックナンバー

一覧

「「雇用増」を実現した神山マジック」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO