• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2015年、相続増税で対象者は10倍?

年1万人の相談を受ける相続コーディネーターに聞く

  • 大口 克人

バックナンバー

2014年4月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ウチは大した資産がないから、相続税なんて無関係」。こう思っている人は多いだろう。実際、現在(2014年4月)の税制では相続税を申告する必要のある人は全体の4%程度と言われているため、「一握りの資産家の話」と思ってしまうのも無理はない。だが、相続税は2015年1月1日から制度が改変されて増税になり、対象になる人も一気に増える。もはや他人事ではないこの相続問題を、年間1万件もの相談を受け、無料で税理士を紹介している相続コーディネーターの八木美代子さん(株式会社ビスカス代表取締役)に解説してもらった。

2015年1月1日以降の相続では、相続税の対象になる人がどのくらい増えるのでしょうか。

八木美代子(以下八木):業界では4~5倍と言われていますが、税理士の先生によっては10倍に増えるという方もいらっしゃいます。なぜそうなるかというと、最大のポイントは「相続財産のうち、この額までは相続税がかからない」という額(基礎控除額)が、4割減と大幅に減らされるからです。

 現行の基礎控除は「5000万円+相続人の数×1000万円」。8000万円の財産があっても、子供が2人なら7000万円までは相続税がかからず、残った1000万円にだけかかります。これが2015年1月1日以降には「3000万円+相続人の数×600万円」に引き下げられます。子供2人なら基礎控除は4200万円になりますので、前と同じ例でも残りの3800万円に相続税がかかるようになります。


8段階に細分化、最高税率55%に

 東京近郊ですと地価が高めなので、面積がそう広くなくても評価額が3000万~4000万円になることはよくあり、他の資産を加えると基礎控除の範囲には収まらないケースが増えるのです。地価が高めの場所に家がある場合は、今後は「相続税はかかるものだ」と覚悟しておいた方がいいでしょう。

 さらには相続税の段階も細かくなって、最高税率も上がります。現在の税率は6段階で、最高税率は50%(3億円超)ですが、2015年以降は8段階で、最高税率は55%(6億円超)になります。

コメント0

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)