• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

金銭とメンタル、失うならばお金でしょう

槌屋詩野 HUB Tokyo代表(その2)

2014年4月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

古市:ロンドンにはいつまで滞在していたんですか。

槌屋:2009年から2012年まで。

古市:じゃあ、帰国してすぐにHUB Tokyoを設立したんですね。

槌屋:はい。サンフランシスコやニューヨークといった社会起業家が集まりやすい街で活躍する人たちがロンドンで集まっている人たちとつながっていた。それはそれぞれの街でカンファレンスがあるからなんですね。だけど、日本にはこのネットワークが来ていない。カンファレンスの情報も来ない。

古市:世界に知られている良質なネットワークがあるのに、日本だけつながっていなかった。

槌屋:そう思いました。日本人参加者は私だけ、というカンファレンスが多くて、もったいないと思いましたし、知識もプラクティスも全然日本に降りてこない。2011年に日本の大企業から空いている場所をHUBに使用しないか、という申し出があったんですが、HUBの根幹はスペースありきではなく、コアになる人たちがいる状態を作ること。ですから、コア人材となるメンバーや賛同者をある程度集めてからでないとスタートできないので、その話は時期尚早ということで流れました。

古市:ロンドンでは日本総研の仕事をしていたなかで、どういった身分でカンファレンスに参加されていたんですか。つまり、彼らから槌屋さんは何者と見られていたのですか。

槌屋:イギリス人にはそういう人が多いんです。セルフエンプロイドでありつつ、別の会社でもコンサルティングしています、といった感じで。個人事業主として存在しながら、自分の時間は自分の意志で使いたい、といったスタンスです。

槌屋詩野(つちや・しの)
1979年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科修了。国際協力NGO、日本総合研究所創発戦略センターでイノベーションリサーチを経験した後、2012年に起業。世界中のチェンジメーカーとなる起業家が接続するコラボレーションネットワーク「Impact HUB」に東京から参画し、HUBの経営、日本でのブランディングに携わっている。共著に『BOPビジネス入門―パートナーシップで世界の貧困に挑む』などがある。(写真:大槻純一、以下同)

 私自身も常にそうですね。日本総研時代も、個人事業主的な観点で、会社には自分の時間の何パーセントを費やしているからお金をこれだけもらっている、という感覚でした。

古市:そういった感覚はいつから、なぜ得たんでしょうか。

槌屋:うーん。隷属したくなかったからじゃないでしょうか。

古市:それは会社に?

槌屋:そうですね、会社に。

古市:ロンドンから帰国したのは日本でHUBの拠点を作るためですか。

槌屋:そうでなくても、日本総研を辞めて、そろそろ帰国しようと考えていた時期でした。それで次にやることとして最初に頭に浮かんだのがHUB。帰国する1年前から、ちょこちょこ日本に戻って、仲間や物件を探していました。

 HUBを作るにはグローバルのメンバーたちに「適切なチームが揃っているか」を何度も訊ねられるので。

古市:「適切なチーム」はどうやって集めたんですか。同級生や仲良しの友だち、といった集まりとは違うわけですよね。

槌屋:難しかったです…。最終的に最初からいた人間は私だけだから、つまり、最初は適切な人を集められなかったんですね(笑)。

古市:今はもういない初めのチームはどういったメンバーだったんですか。

コメント0

「イマドキの社会学者、イマドキの起業家に会いにいく」のバックナンバー

一覧

「金銭とメンタル、失うならばお金でしょう」の著者

古市 憲寿

古市 憲寿(ふるいち・のりとし)

慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員

1985年東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席)。大学院で若者とコミュニティについての研究の傍らIT戦略立案等に関わる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員