• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

出世コースから外れることは、不幸ではない

ビジネスパーソンにとって幸せとは何か? 出口治明編

2014年5月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:大槻純一)

 「幸せになる」ということは、人間が生きている上での1つの大きな目的ですね。

 この連載の最後に、社会人にとって、企業にとって、そして個人にとっての「幸せ」とは何か、について考えてみます。

 まず第一回目は「ビジネスパーソンにとっての幸せとは何か?」

 会社に入社してビジネスパーソンになると、多くの人々は出世しようと考えます。

 出世すると給料が上がる。給料が上がると生活が豊かになる。生活が豊かになると、幸せになれる。というわけですね。

 だから、とりわけ大企業の社員の多くは「出世」についてかなり敏感です。なにせ己の幸せと直結していると思っているわけですから。逆にいうと、ふつうの社員はたいがい「出世コース」から外れることを恐れるようになります。

 では、どんな仕事に就くと、出世コースから外れてしまうのでしょうか?

海外赴任は出世コースではない

 昔は、銀行や証券、保険会社などの金融機関では、まことしやかにこう語られていました。

 「海外要員とみなされて、海外支店に送られたら出世はできない」

 え、なぜ?と思う方もいらっしゃるかもしれません。海外勤務はエリートの証ではないのか、と。

 でも、少なくともこれまでの金融の世界ではそうではなかったのです。

 国内にとどまり、泥臭い営業に精を出し、汗を流した社員でなければ、出世の道は開かれない、と思われているのです。

 もっというと、経営陣に物理的に近い仕事、たとえば人事や総務や企画や経理を歴任し、上からの覚えが目出たいと、大企業では出世しやすくなります。

 実際、会社四季報や会社情報で大企業の役員の経歴を見ると、人事や総務や企画や経理といった本社業務に早くから就いて、かつての役員たちのお世話をしていたという人が多いのです。

 ですから、語学がぺらぺらで海外留学経験があって、という経歴は、入社まではいざしらず、入社以降は口外しないほうが良いという冗談が生まれたりするのです。

 「あいつ英語得意みたいだから、次の人事で、××支店に送ろう」と海外に飛ばされてしまう恐れがあるからです。そうなったら最後、日本の大企業の世界では出世はおぼつかないと言われたりしていたのです。

コメント5

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「出世コースから外れることは、不幸ではない」の著者

出口 治明

出口 治明(でぐち・はるあき)

ライフネット生命保険会長兼CEO

1948年生まれ。京都大学を卒業後、日本生命保険に入社。同社を退職後、2006年にネットライフ企画設立、代表取締役就任。2008年にライフネット生命保険に社名変更。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長